忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる

その探偵は記憶を『殺す』。それでも少女は忘れられない恋をする
著者: 新井輝 (著者) / ヤスダスズヒト (イラスト)
シリーズ:忘却のカナタ(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

12階建てのビルの13階にあるという探偵事務所。忘却社。救済を求める者だけが訪れることができるというその場所で、社長代行・岬翼は「他人の世界」に入り込み記憶を『殺す』能力で人助けをしているらしい――。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    本当に助けを求める依頼者だけがたどり着けると噂の探偵事務所・忘却社。社長代行を名乗る記憶を殺す探偵・岬翼と、友人のストーカー被害の調査依頼するため迷い込んだ女子高生・三倉咲夜が出会う物語。相手の固有世界に入り込んで特定の人物の記憶を消し去れる翼と、同じように固有世界に入り込める咲夜が出会うエピソード。序盤は人間関係がやや把握しづらかったですが、明かされてゆく翼の過去にはいくつもの因縁が複雑に絡み合っていて、危険な状況に巻き込まれても彼に関わっていこうとする咲夜とどんな物語を紡ぐのか続巻に期待ということで。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sakai

    試し読み。救済を求めるものだけが辿り着ける、12階建てのビルの13階にある 忘却社。ここに訪れた人々を「記憶を殺す」ことで救ってゆくお話(しかも無料っぽい)。最初は完全に置いてきぼりにされ戸惑いしかなかったが 2話目からは多少話の流れも見えてきた。1話の感じが続くと辛いが、割と好きな世界観なので続きも読みたい。主人公が見ることのできる人々の「固有世界」が非常に興味深い。自分や周りの人の固有世界を想像すると楽しくて止まらなくなる。この先でも面白い固有世界が見れることを期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 坂城 弥生

    久しぶりのラノベ。う~ん…イマイチだったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    まぁまぁ楽しめました。異能風格闘探偵物なのでしゃうか?探偵要素は殆ど無いように感じましたが。一話が一巻終了時より未来のエピソードなので、やや分かりにくいのとバトル描写がやや微妙に感じるのが気になりましたが、嫌いでは無いです。あと伏線大量なので流石に続き出ますよね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    新井輝先生の #ラノベ 探偵もの、サイコダイバーものだと思ったら、現実での推理やバトルもがっつりあって楽しめました。しかし、第2話から過去話だったのですが、まさか1巻おわっても1話の時間軸に戻らないのはびっくりしました。謎もいっぱいありますし、どう物語は進んでいくのでしょうかね? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK