三角の距離は限りないゼロ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

三角の距離は限りないゼロ

一人なのに「二人」な君と誰でもない僕の、トライアングルラブストーリー。
著者: 岬鷺宮 (著者) Hiten (イラスト)
シリーズ:三角の距離は限りないゼロ(電撃文庫)

みんなのデータ

  • 353
  • 269
  • 甘酸っぱい
  • 切ない
  • カワイイ
  • ドキドキ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

『このライトノベルがすごい!2019』(宝島社 刊)文庫部門 新作3位獲得の、いま一番切なく愛しい三角関係恋物語。
僕と「彼女たち」の不思議で歪な三角関係。その距離はどこまでも限りなく、ゼロに近づいていく――。

 人前で「偽りの自分」を演じてしまう僕。そんな僕が恋したのは、どんなときも自分を貫く物静かな転校生、水瀬秋玻だった。けれど、彼女の中にはもう一人――優しくてどこか抜けた少女、水瀬春珂がいた。
 一人の中にいる二人……多重人格の「秋玻」と「春珂」。彼女たちの秘密を知るとき、僕らの関係は不思議にねじれて――これは僕と彼女と彼女が紡ぐ、三角関係恋物語。

パートナーのコメント

  • 綾乃

    綾乃
    もうひとりの自分が恋のライバル……そんな三角関係にドキドキするんだー!
    二重人格の秋玻ちゃんと春珂ちゃんは、ふたりとも主人公の矢野君と仲良くなるの。でも、同じ身体だけど別人格のふたりは、恋愛的には恋敵になっちゃうんだよね。他ならぬ自分が相手だから、「どうしてわたしは選ばれないの?」なんて悔しさからも逃げられなくて……うぅー、切ない!
    当の矢野君にも、「偽りの自分を無理やり演じてる」っていう別の悩みがあったり……
    いろんな想いを抱える三人だけど、みんな自分だけじゃなくて、お互いの想いにも真剣に向き合うのがすごく好きだなぁ。
  • 華恋

    華恋
    同じ身体のダブルヒロイン、秋玻ちゃんと春珂ちゃん。ふたりには全く違う魅力があるんですよー!
    秋玻ちゃんはクールで理知的、自分のことは自分で考えるしっかり者。でも、心の奥では主人公の矢野君に頼りたい、ほめてほしい、なんて思ったりしてるんですよねー!そんなところがとってもグッド!
    春珂ちゃんは自分に自信がないドジっ子だったりします。けど、矢野君や秋玻ちゃんを優しく包み込んでくれる、まさに女の子って感じのふわふわかわいい子なんですっ!
    選べるのは、どちらかひとりだけ……う~ん、悩ましいですけど、この悩ましさがまさに青春って感じですね……!

みんなからのレビュー

  • まりも

    人前で偽りの自分を演じてしまう少年と二重人格の少女。これは2人の出会いから始まる物語。見事に心を撃ち抜かれた。不確かな距離から始まる三角関係。そんな素敵な青春恋物語となる今作。思春期の少年少女の揺れ動く心理を繊細かつ丁寧に描いた透明感のある文章。そしてHitenさんの最高に美しくて綺麗なイラスト。この2つがマッチしただけでもヤバいのに、歪なのに真っ直ぐでだから余計にもどかしい。そんな恋模様も見せてくれるんだからそりゃ文句なしに決まってる。これを読む為に今まで本を読んできた。素直にそう思える素敵な1冊です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ももつぼ

    あー、青春って感じですね〜(*≧∀≦*) 二重人格の女の子との恋模様にきゅんとしてばかりでした。見事な挿絵の使い方と相まってかなり素敵なお話になってますね。秋玻と春珂、二人とも可愛すぎてラストのアレには主人公と同じようにドキドキでしたよ!そんなこんなで続きが気になって仕方ない。とっても楽しみです♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    過去の苦い経験から「偽りの自分」を演じてしまう高校生・矢野四季が、印象的な出会いを果たした物静かな転校生・水瀬秋玻に惹かれ、彼女ともうひとりの人格・春珂を支えるようになってゆく不思議な恋物語。しっかりものの秋玻と対照的な危なっかしい印象の春珂。状況的に春珂をフォローすることが多い四季と二人を見つめる秋玻の繊細な距離感がまた絶妙で、大切な存在なのにすれ違ってしまうやるせなさだったり、ごまかさずにきちんと想いをぶつけてゆく彼らの青春がとても良かったですね。終盤は挿絵の使い方も効いていて続巻が今から楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    二重人格の少女・水瀬春珂/秋玻と、矢野くんのラブストーリー。一つの体に二人の人格が131分ごとに入れ替わる。二人の性格はすごく違うのに、分裂した人格の春珂は、本来の人格である秋玻になりきろうとする。その理由がこそが、この物語のキーになっていく。春珂のサポートをすることにした矢野くんは、秋玻に一目ボレしたことを春珂に伝え、秋玻と矢野くんの仲を取り持とうとする春珂だが...。奇妙な三角関係が進展し、三人がすれ違っていく様子が切ない。だが、勇気を出した矢野くん。276ページのイラストはヤバイ。ドキっときました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    名作。人間関係を円滑にするためキャラを装うことに疲れた少年少女。素をさらけ出せる相手と互いを認識した二人だったが、少女の方はとんでもない事情を抱えていた…表面的には互いに譲り合いしているように見えながら、少年を巡っては嫉妬し、相手の不在を心ならずも願ってしまう春珂と秋玻の関係が、なるほどと思わせるしやるせない。二人の間に立って体を張って事態解決にあたる少年四季はgood job!そして頑張った彼にご褒美のように授けられるアレは…モヤモヤばかり残って、四季ならずとも岬さんズルいと思わずにいられない。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/05/10
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784048938297

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
  • 甘酸っぱい
  • 切ない
  • カワイイ
  • ドキドキ
  • 感動した
  • 泣ける
  • はがゆい
  • 奥深い
  • 胸アツ
  • ほっこり
  • エロい
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル