1パーセントの教室 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

1パーセントの教室 2

『ただ、それだけでよかったんです』著者が放つ、絶体絶命の青春ミステリ。
著者: 松村 涼哉 (著者) 竹岡美穂 (イラスト)
シリーズ:1パーセントの教室(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

発売即重版で話題沸騰! 空前の衝撃作『ただ、それだけでよかったんです』著者の、絶体絶命青春ミステリ第2巻!

 これから不幸になる人間を好きになる死神、日比野に見初められてから1ヶ月。雨ケ崎は彼女の助言で数々の災難を回避する。だが、仮初の平和を打ち破るように起きた演劇部の倉庫全焼事件。なぜか部員から恨みを買った雨ケ崎は、その裏側に日比野を狙う不穏な気配を感じ取るが……「偽りの感情とはいえ、貴方が好きなので」自分から離れない日比野と共に破滅の渦へ巻きこまれていく。

みんなからのレビュー

  • ヒロロシ33

    1冊目はよく分からなかったので、2冊目もわからないと思い、買ってみたのですが、2冊目の方が分かりやすくて、すらすら読めました。 3冊目も出そうな終わり方ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    演劇部の倉庫全焼事件をきっかけに、仮初めの平和が消え去るシリーズ第2弾。異能バトルの風と共に前巻の危機とは段違いの脅威が雨ヶ崎と日比野に迫り来る。人々の感情を動かす祭り、これを異能と絡めてこういう風に持ってくるとは思いもしなんだ。前作の方向性とは違うけど、これもまた作者さんの持ち味が生かされていて、単なる能力バトルとは違う緊迫感、おどろおどろしさがあって良い。教室の異常さが明かされたとはいえ、未だに謎が多く何が正しくて何が間違っているのかもよくわからない。果たしてここからどうなっていくのか。次巻も期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    ミステリー調の異能バトルもの?珍しいジャンルの作品。祭の力を行使して人の感情を操れる「祭人」という能力者の存在が明かになり、3年6組をコントロールしている。今巻は、演劇部の悲劇を舞台に、祭人・月宮vs雨ヶ崎くんと日比野さんコンビの闘い。月宮の悪意と操られたクラスメイトの攻撃は、精神的に堪えるなぁ。月宮は当然クソ女なんだが、ボクは演劇部長の梅津が自分勝手過ぎて嫌いですね。雨ヶ崎くんと日比野さんのほのかな恋愛感情がメッチャ好きです。あと最後に一言だけ。おまえら高3の夏なんだから、ちょっとは受験勉強しろ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    何か能力者との戦いのような構成になるとは正直想像外でしたが、人の悪意に善意で戦うのはよかったなと。何となく二人の思いは既に通じあってる感もありますが、1パーセントの未来に辿り着く結末まで読みたいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かわゆきか

    今回も面白くて、いっきに読めた。自分を棚に上げて周囲のアラ探しをし、自分の価値や人格を高く見せる小細工で世の中渡り歩くかつおスネ夫みたいなやつ、大人の世界ではうじゃうじゃいるよな。他人の幸せを考えられない奴が本質を見抜けないのは、自分の保身ばかりで周りが下向きになっても、仕事出来ない奴のせいにして逃避するからなんだよね。ただ、最後は助けてあげて欲しかったと思うのはお人好し? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/05/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048938259

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル