青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない

それぞれの未来に向け、ついに再始動するシリーズ第8弾!
著者: 鴨志田一 (著者) / 溝口ケージ (イラスト)
シリーズ:『青春ブタ野郎』シリーズ(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

初恋の人・翔子の未来を願った12月が過ぎ、いつの間にか咲太も高校二年生の3学期を迎えていた。
 三年生の麻衣と峰ヶ原高校で一緒にいられる学生生活も残り僅かとなったなか、長年おうち大好きだった咲太の妹・花楓が誰にも明かしたことのない胸の内を打ち明ける。
「お兄ちゃんが行ってる高校に行きたい」
 それは花楓にとって大きな決意。極めて難しい選択と知りながらも、咲太は優しく花楓の背中を押してあげ――。
『かえで』から託された想いを『花楓』が受け取り、未来へ一歩踏み出すシリーズ第8弾!

みんなからのレビュー

  • 寂しがり屋の狼さん

    シリーズ8巻目✨前回から少し間が空いてしまいましたが…今回は妹の花楓ちゃんの成長を見守るお話しでした(*^^*)珍しく思春期症候群は現れないのかと思いきや…ランドセルを背負った麻衣さんが🎒(≧▽≦)次回が楽しみです(*^.^*) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    新章開幕。花楓がかえでの想いを継いで、歩き出す。ゆったり進みながらも、シリーズ特有の青春の痛みがありました。これから、どんな展開になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 銀の星

    読了。大きな問題も解決しひと段落ついた所で新展開へ突入。今回はその導入と花楓メインのお話。冬休みも無事明け3学期が始まる中で花楓に突き付けられる進路希望という現実。それに対する花楓と「かえで」の想いの交差はかなり良かった。現状に苦悩してた花楓に対するづっきーこと広川卯月の言葉が図らずしもベストアンサーになっていたのは彼女が愛されている理由かな。今回の出来事でまた一歩成長した花楓の裏で侵攻する不穏な影。今後は「霧島透子」なる存在がメインになっていくのかな。果たして自分の受験を来年に控えた咲太の未来とは…。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シータ

    今回は花楓回でした。まじで高校入学のために頑張る姿に感動するんですが、その背景に「かえで」の想いを受けて、夢を叶えようとして峰ヶ原高校に受験したことがわかって、「花楓」が「かえで」になろうと、咲太達にとっても、「かえで」の方がよかったんじゃないかと葛藤したり、色々と考えていたことを吐露したくだりは泣けますよね。今回は思春期症候群の要素がほぼなかった、冒頭と最後の小学生の麻衣さんくらいでしたな。なんかこのシリーズで毎回泣いてる気がする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    高校二年生の3学期を迎える咲太。麻衣と高校で一緒にいられる学生生活も残り僅かとなったなか、咲太の妹・花楓が誰にも明かしたことのない胸の内を打ち明ける第二部開幕。引きこもり状態から保健室登校をするようになっていた花楓が密かに抱えていた想い。あえて極めて難しい選択をする彼女の背中を押す咲太。周囲の人たちの力も借りて花楓の揺れる思いと向き合いながら、いろいろなことに少しずつ方向性が見えて来たなあとわりと穏やかな気持ちで読んでいたので、終わっていなかった思春期症候群にはっとさせられました。続刊早く読みたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/04/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048935852

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル