霊感少女は箱の中 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

霊感少女は箱の中 3

鬼才・甲田学人が描く学園心霊ファンタジー、第三談!
著者: 甲田学人 (著者) / ふゆの春秋 (イラスト)
シリーズ:霊感少女は箱の中(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「あそこには、呪われたドールハウスがあるんです」
 銀鈴学院に昔から伝わる被服準備室倉庫の呪い人形の霊。真央や瞳佳たちが所属するロザリオ・サークルに、人形の霊に取り憑かれた少女の姉からの相談が舞い込む。
 そして事件を追っていくうち見えてきたのは、相談者の妹が絡むポルターガイスト現象。やがてそれは学院の抱える秘密に迫っていき――。

みんなからのレビュー

  • まりも

    学園に寄贈された曰く付きのドールハウスの呪いを巡るシリーズ第三弾。シリーズ初の上下巻構成。女を弄び、霊すら利用する三年総代・荻堂の底知れぬ悪意。それが読者の恐怖と不安を煽る。ホラー要素そのものは薄いはずなのに、嫌な予感しかしないのは、霊よりも生きた人間の方がよっぽど怖いし、何をするかも予測できないからだろう。これにホラーの怖さがプラスされたら…もう考えただけで恐ろしい。きっと下巻は身の毛もよだつ展開になるんだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のりすけ

    家同士の対立。その成り立ち。傲慢な俺様キャラ。地味で内気で流され体質なのにきょぬーというお姉ちゃん。話が進みだしたと思ったら「以下次号!」…そ、そんなぁ。もうこれは「中断という英断を下した、あるいは下された」と見た方がよろしいのでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻は上下巻の上巻、学園に寄贈されている、あるドールハウスが原因と思われている被服準備倉庫での呪いに関する様々な出来事がメインのお話です。面白かったですが…、今巻はもうのっけから最後まで嫌な予感しかしない、と言うより実際碌な事がなかった内容でしたが、それでも現状を打開しようと瞳佳や調などが動いてはいるのでそこに望みをを持ちながら読み進めていました。しかし荻童はともかく渦中に居る筈の奏が終始あんな感じなのでかなり不安もありますが、下巻にてどう話が進むのか色々と気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    上下巻の上巻。今回は次巻への繋ぎと言った感じなのでいつもの感じは大分となりを潜めているだけれども、甲田さんの描く書き方、行間の取り方が怖さを滲み出さしているな。妹が人形の霊に取り付かれたと言う依頼を受け調査に乗り出すロザリオ・サークルの面々。今巻は、ポルターガイスト現象についての話と謎に包まれていた学院の秘密、百合谷市のことが遂に語られる。果たして次巻でどのように解決するのか、そして鳥肌が立つ様な描写が出てくることに期待しよう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オザマチ

    今回は呪われた(?)ドールハウスが登場。いつもの甲田先生の作品と同様、それに関するの用語の解説が自然に会話中に出てきたりする。『断章のグリム』の時もそうだったけど、舞台設定・小道具・蘊蓄の披露すべてが洒落ていて凄く良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/03/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048936880

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル