世界を終わらせる少女と死にたがりの英雄
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

世界を終わらせる少女と死にたがりの英雄

彼女を守るためなら、神が相手でも倒してみせる!
著者: 桜咲 良 (著者) / ねぶそく (イラスト)
シリーズ:世界を終わらせる少女と死にたがりの英雄(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神から不死の加護を受け、英雄と呼ばれる高校生。
彼の命運と人類の存亡は、ある少女が握っていた――。

 神話から抹消された危険な怪物が私たちの中に潜む現代。「死にたい」とぼやいてばかりの織田由星は、神から不死の加護を受け、英雄として怪物の探索に明け暮れていた。
 ある日、派手なギャルのリヴや人気女優の氷雨に助けられながら、怪物を追いかけていた由星は、偶然、幼少時に別れた少女と再会する。
 彼女との邂逅が、由星自身と世界の運命を揺るがすことになる――。

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    神から加護と神器を授かった故に英雄と称される由星。字面だけ見ると丈月「カンピオーネ!」を想起させられる。但し、彼方の英雄は全ての矩規を破壊するはっちゃけた「神殺し」なのに対し、こちらはその神に従属し世の理を破壊する魔を退治する存在に過ぎない。だがその為に発生する由星の苦悩が読者にとって何よりの糧になる。ヒロイン間や由星・友人間の関係性も読ませる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    桜咲 良先生の #ラノベ ただ退魔するのではなく、相手の精神を揺さぶって退魔するっていう設定がいいですね、それが終盤の悩みにも絡んでくるし、主人公を含め、彼にゾッコンなヒロインたちも魅力たっぷりですし、設定も面白いので、続刊でませんかね。物語としては綺麗に終わっているので難しいけど。ちなみに推しは氷雨です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    神話より抹消された怪物達が密かに跋扈する世界で、不死の加護を得て狩人をする少年が幼馴染の少女と再会し、始まる物語。―――泡沫が如きこの世界に、問い掛けるのは生きる意味。神話の怪物達により世界が危機に晒される中、死ぬ為に戦う中で見つける生きる意味。世界が何度か滅んでいる事もあるのか、どこか不確かな泡沫の夢のような世界。そんな中で戦いの中に生の意味を問い掛けるこの物語。どこか儚げな独特の読み応えが、独自の味を出しておりそこを面白く感じるかどうかで評価が分かれそうな物語である。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 敗者

    読了。中々に結末が読める話だった。悪くないんだけどそうなるよねーと。あと挿絵もう少しだけ躍動感とか欲しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柳谷柊平

    面白かった!! 面白くて、4日で読み終わった 話のテーマや内容も完璧! 続編でないかなーw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/03/10
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784048936828

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル