いずれキミにくれてやるスーパーノヴァ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

いずれキミにくれてやるスーパーノヴァ

宇宙から墜落してきたお姫さまは――僕の「妹」になった。
著者: 零真似 (著者) / Aちき (イラスト)
シリーズ:いずれキミにくれてやるスーパーノヴァ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

他星のお姫様を自称する「スピカ」とのトランシーバーを使った会話だけを楽しみに生きる高校生のイズミ。彼の日常はスピカが地球に「墜落」したことで一変した。その日から自転車や人は空を飛び、スピカはイズミの妹だと認識された。改変された世界と甘えてくるスピカを戸惑いつつも受け入れたイズミだったが、今度はスピカを狙う別の宇宙人が現れ――「おまえは『この星』にいていいんだ」
宇宙人と「妹」を巡る、青春ファンタジー。

みんなのデータ

  • 7
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 621@リハビリ

    文句なしの良作枠。 一万光年離れた星からやってきたスピカは望めば何でも思い通りに周囲を都合良く改変できる力を持った少女。そんな非常識な力を持った少女と出会った一般的な人間の主人公の物語。2人の作る雰囲気が好きになる。主人公とスピアは泥船に乗っているような舞台にいるのに、過去を恐れず、周囲から逃げないで、一歩一歩進む姿は一種の「正しさ」を描いているようにも感じられて物語の終着点が気になる。少しでも長く続いてくれると嬉しいんだけど、と思いつつ……。 https://goo.gl/FMHEfW 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    謎の少女との十分間だけの会話を楽しみに暮らしていた主人公がその少女と出会おうとしたとき世界は変革する。段々と主人公が変わっていく、と言うか昔のよう戻っていく様が主人公しているな~と思った。妙に続く感じになっているし、この巻だけだと少々物足りない感じな印象だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    謎の少女との会話だけを生きがいにしていた少年が、他星の姫を自称するその少女と出会い始まる物語。―――遠く、遠くへと伸ばした手に触れたのは。不思議な力を持つ少女を中心に変革を始める世界、当然が次々と切り替わる世界で、少年の世界はまるで超新星爆発のような衝撃に晒され、その胸に燻る願いは星灯に照らされ光を放つ。暗黒星雲が如き幕に包まれた世界の中の、王道の出会いの物語。前作から更に醸成された独自の世界の香りが堪らない物語であり、前作を楽しまれた読者様はきっと楽しめる筈、そんな物語である。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    うーむ 基本設定は悪くないけれど、言葉遣いがキャラとマッチしていなくて分かり難い 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とめこ

    面白かった。こういう少し不思議でロマンチックなお話大好き。時々ハッとするような綺麗な文章が出てくるし、タイトルとか章題のセンスも素敵。無気力だったイズミの変化も良かったです。ただ表紙は凄く良いのに本編の挿絵がなんだか微妙だったのは残念。最後のカラーイラストの意味は…? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK