魔術学園領域の拳王 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔術学園領域の拳王 4

全領戦個人戦予選。魔術師の頂点を決める闘いが今、始まる。
著者: 下等 妙人 (著者) / 瑠奈璃亜 (イラスト)
シリーズ:魔術学園領域の拳王(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

団体での全領戦出場を決め、相次いで始まった個人戦に息巻く柴闇は、師匠・焔から破門を言い渡され……。「アタシが、オマエを、強くしてやるヨ」途方にくれる柴闇が出会ったのは、焔の両親を殺した人物だった。

みんなからのレビュー

  • アウル

    最終巻であり最後まで熱いまんま突っ走ったな。様々な伏線は回収されなかったがその代わりに師匠・焔とのガチンコタイマンバトルが存分に書かれていた。変にアレもコレもと収拾つかなくなるよりも熱い戦いがメインに書かれていたのが嬉しかったな。少々不満があるとすれば春斗が物凄いかませ状態になっていたのが残念。此処までメインヒロインとお互いがボロボロになるまで素手で殴りあうのも珍しいよな。新作も遅くても今年中には出るということで非常に楽しみだわ。最後に贅沢を言うなら柴闇と魔神との戦いは読みたかったな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    終わってしまった。師匠超えと愛の告白と熱い展開でしたが、世界のなぞみたいな伏線は全部謎で終わってしまったのが残念です。そこまでこの巻で書いてしまったら、薄い作品になってしまっただろうから、これで正しいのでしょうが。つぎシリーズも熱い展開を期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    1巻で感じた、ギラギラした感じが薄れて残念。というか2巻から俺tueee過ぎたな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    更なる力を得る為、焔から一時の破門を申し渡される中、焔の因縁の相手に師事する事になる最終巻。―――大切なものを伝えるのに必要なものは一つ、拳のみ。紫闇の中に眠る上位存在との激突から始まり、因縁の好敵手達、そして師匠である焔との決戦が描かれる最終巻。世界の謎も、大切な想いもどうでもいい。そう言わんばかりの狂気溢れ、それ以上に熱さ溢れる戦いの数々。新たな力、更なる奥義、そして覚醒。今燃えずしていつ燃えるのか。熱さのまま一気に 駆け抜けた彼等は確かに炎と焼け跡を刻んだのだ、私達読者の心に。 うん、面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    破門から始まり、師匠を超えるための修行と師匠とのバトル。色々と置いていった感じはあるけれど、師匠と弟子との関係だけ見ればまとまっていたと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル