DE;コード・バレット 運命に抗え鈍色
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

DE;コード・バレット 運命に抗え鈍色

世界の歴史を紡ぐ、奏士たちの熱きガンバトルアクション!
著者: 霜月セイ (著者) / シソ (イラスト)
シリーズ:DE;コード・バレット(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

世界を狂乱に陥れた大戦、人々を歓喜させた大発明。その全ての史実を管理し、あらゆる真実を未来に紡ぐもの――界源書。その更新を行う奏士《そうし》カナトは職務の最中、界源書より欠落した記憶と出会い―!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • リク

    辞世の句×ガンアクション。偉人が己の人生を込めた一句を紐解く。辞世の句という珍しい題材にはかなりインパクトがあった。辞世の句ってなんとなく死に行く瞬間の思いを綴ってる気がしてたけど、それで片付けられたら怒られもするか。そもそも後世に残ってるのってその人物が何かを成した瞬間だけで、普段どう思ってたかは推測でしかない。理解って難しいな。主人公がウジウジしてる時間が長かったのが若干引っ掛かったものの、周りの人物は人格者ばかりだった。燐音良いヤツすぎる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    全ての真実が記された書から偉人達の想いが溢れ出した世界で、取り戻す為、少年が想いとの戦いに挑む物語。―――響き合え、あの人の想いと汝の想い。偉人達の遺した想いとの戦い、扱えぬ力を抱え、それでも少年は果敢に戦い、その想いに触れていく。銃弾飛び交う熱さと疾走感、そして誰かに焦がれ必死に手を伸ばす想いの熱さ。そんな二つの熱さが交錯し、中々に目を惹く輝きを放つ、そんな物語である。想いと対話し、一時の解決を得た少年。そんな彼を取り巻く謎の思惑達。果たして、救いの先にある戦いとは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 空白

    辞世の句でバトルという新しいジャンル。前作もそうだけど、単純にバトル描写がうまい。 歴史系はあんま好きじゃないけど、ガッツリ歴史じゃないから読みやすかった。 展開は少年マンガみたいな感じでこんなゲームやってみたい。 個人的には沖田先輩が好き。主人公のこと知ってる風な描写があったから、先輩の話を期待。 次回は先輩メインでやってほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK