剣と魔法と裁判所 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

剣と魔法と裁判所 2

優等生な魔法少女×無敗の弁護士が織りなす、痛快リーガルファンタジー!
著者: 蘇之 一行 (著者) / ゆーげん (イラスト)
シリーズ:剣と魔法と裁判所(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔法学校に通う優等生アイリは、拳を握り締め燃えていた。いつの日にか、極悪弁護士キールを倒すことを夢見て――。だが、その手に握られているのは雑巾。アイリは相も変わらずキールの許で、タダ働きさせられているのだった。
 アイリが働く法律事務所のキールは、勝利のためなら手段を選ばない無敗の男。そんな彼が挑む次の依頼は、冒険者によって殺されたモンスターの敵討ちだ。
 冒険者がモンスターを倒すことが当たり前のこの世界で、キールが導き出す常識破りの奇想天外な解決策とは――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ツバサ

    モンスターを家族に数えるのは難しい問題だよなぁ。そもそも考え出したら止まらない議題だし。人間とは何をもって人間なのか、逆に人間側がモンスターかもしれないし。ともかく2巻も面白かったです。ゆーげんさん…… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    だからなぜその画がないと。にしても、この作者は所謂嫌いになれない主人公というものではなく、なんか好きになれない主人公ばっかなんだよな。前作も今作も。あと前巻は細々とした話が最後につながってたけど、今回は短編形式で分かれてるのも原因かもしれない。しかし、妖精さんって常にあれが思い浮かぶ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くもり

    短編と中編とあってさらっと読めて面白かった。でももう少し意外性みたいなのは欲しかったかも。キールは相変わらずよくわかんない人だったけど、本当に強いな。扱う事件自体はファンタジーらしくて楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    ファンタジー裁判話、2巻。今回はモンスターと冒険者という話が中心。ライバルになりそうなキャラクターも出てきたけれどこれからどうなっていくか。もうちょっと法廷っぽさが強くなるともっと面白くなりそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • teorai(ショウ)

    中の中。2巻は前回と異なり、しっかりとした裁判が行われていて面白かった。1巻のコメディ要素が強いのもよいが、今回の特にドロシーの一件は、どのように解決するのか、山場があり盛り上がった。1,2巻と方向性の異なる顔を見せており、今後に期待が高まる一冊だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/11/10
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784048934992

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK