スーパーカブ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スーパーカブ 2

そのバイクは、彼女の日常を輝かせる――小熊とカブに、訪れる冬。
著者: トネ・コーケン (著者) / (イラストレーター)
シリーズ:スーパーカブ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

両親も友達も趣味もない、何もない日々を過ごしていた小熊が、スーパーカブを買って数ヶ月。日ごと冷たくなる風を感じ、バイク乗りにとって試練の季節・冬に備えていた小熊だが、その寒さは想像以上に厳しくて……。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • takaC

    最後の方で北杜発西日本巡行をわずか10ページほどで済ませてしまったのには驚いた。次巻から椎もチームメンバー入りなんだね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    季節は巡り冬。凍結した道路、身を切る冷たい向かい風とかじかむ手、かかりにくいエンジン等、ライダーにとっては試練の季節を迎えた小熊の苦難と新たな出会いを描いた2巻。カブに風除けシールドを取り付けただけでも冬の凍える風をかなり防げる事や、色々と付属品を揃えると本当に多種多様な用途が広がっていくカブの世界が魅力的に描かれています。新登場のちびっこな椎と小熊と繋いだカブを見ていると、カブを手に入れてから狭かった小熊の世界が一気に広がった事を実感しました。毎日のご飯が炊飯器⇒メスティンに変わり楽しげな小熊も良い感じ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カメ吉

    シリーズ2作目。主人公の無い無いづくしの女子高生・小熊と容姿端麗で成績優秀しかし雑な性格な礼子のカブ仲間に新たな仲間・椎が加わります。バリスタを目指す超小柄な女の子で比較的無機質な空気がするこのシリーズに色がついた感じがしてきた。そして今巻は秋から冬がテーマ。カブ(バイク)には難敵である寒さに2人があれこれ工夫しながら克服していく様は面白く同じくバイク通勤の私にも参考になる内容でした。後半は椎の事故や椎の為に鹿児島まで桜(春)を見つける旅に出るなどドキドキする展開。3人の旅に地元の大津が出て嬉しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    スーパーカブと女の子の物語の第二弾。カブと過ごす初めての冬を描いた話。礼子と共に、冬の寒さを乗り越えろ。前回のような世界の広がりこそありませんが、親しい友人達と共に冬を過ごす姿は心がじんわりとあったかくなるし、ちょっとした変化がくれる楽しさが伝わってきてとても良かったです。冬の寒さに嘆きながらも何処か楽しそうにしているのが微笑ましい。新キャラの椎ちゃんもほっこり出来る可愛らしい子やね。小熊のワイルドなお弁当も美味しそう。女の子なのに女の子らしくない、そんな不思議な可愛さとワイルドさを楽しめる1冊でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひさか

    カクヨムで公開後、2017年10月角川スニーカー文庫刊。シリーズ2作目。さすがに、1作目ほどの目新しさはないものの、防寒具や、チェーンの話は、懐かしく、楽しいです。カクヨムには、次のお話もあるようで、楽しみなことです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK