無気力勇者と知りたがり魔王
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

無気力勇者と知りたがり魔王

余の勇者よ、おまえには気軽に『アイちゃん』と呼ぶ事を許そう。
著者: 冬木冬樹 (著者) / 水月悠 (イラスト)
シリーズ:無気力勇者と知りたがり魔王(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

大陸を混沌の渦に陥れた魔王を勇者が退けてから五十年。勇者の孫は周囲に期待されながらも無職をつらぬいていた。しかし世界は戦争の真っただ中。無職でい続けることが許されるはずもなく、ついに就職した先が??『魔王城で魔王教育』。その仕事内容とは、偉そげで平和主義なかわいらしい魔王に『世界は平和だ』と信じ込ませること。「きちんと余と遊ぶのだぞ! 余は退屈が嫌いであるからな、余の勇者であるならばそのぐらいはして当然であるぞ!」次世代勇者の仕事は『魔王と遊ぶこと』!? ただし失敗したら世界滅亡??! 魔王城日常系ファンタジー、開門!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • シュエパイ

    ちょうど無責任艦長タイラーを読んでたので、懐かしい感性の主人公だとほやほや感心してました。出来ることならなんにもせずに、起こらず泣かず頑張らず、ふわふわ生きていきたい、よね。これ、続編でるのかな?テンプレなら後二三人くらいはやっかいな関係を築きそうだw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • cgatocairb

    B勇者と魔王の王道で、やる気のない勇者はよくあるが、設定条件が面白い。少年系だから女の子ばかりだが、主人公の友人(男)が良い味を出してるので、女性はこちらを楽しんで。ヴィヴィの口にする「国母様」がとても気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 橘梓弓

    何もしないことが世界を救うことになる。ニートにだって、意地はあるってことですな。魔王がどういう存在なのかをしっかり設定してあるからか、ギャグ部分抜きに考えても結構楽しめた。魔王ものが増えてる昨今だけど、こういうのが埋もれてるから侮れないな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 夕焼けレモン

    次回予告が新鮮だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如月

    特に勇者と魔王の人物設定に特徴があり、そこは大きなウリ。ただ、魔王城という閉じられた空間での話だからかファンタジー設定が薄く感じ、加えて勇者がめんどくさいばかり言っているなどボギャ貧気味なので感情表現も薄いというもったいないことをしている。そもそも勇者はいつの間にか王国軍に組み入れられ、ヴィヴィがいつの間にか勇者の「上官」になっているのは??それはさておき、設定は面白いので2巻で化けることに期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/01/31
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840143691

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK