86-エイティシックス- Ep.2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

86-エイティシックス- Ep.2

即大重版の電撃小説大賞《大賞》受賞作、待望の第二弾!
著者: 安里 アサト (著者) / しらび (イラスト) / I-IV (メカニックデザイン)
シリーズ:86―エイティシックス―(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

共和国の指揮官・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち〈エイティシックス〉の面々は、ギアーデ連邦軍に保護され、一時の平穏を得る。
 だが──彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、『隣国からやってきた戦闘狂』と陰で囁かれながらも、シンの“能力”によって予見された〈レギオン〉の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。
 少年たちは、そして幼き少女はなぜ戦うのか。そして迫りくる〈レギオン〉の脅威を退ける術とは、果たして──?
 シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く、〈ギアーデ連邦編〉前編!
“──死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

みんなのデータ

  • 193
    評価する
  • 86
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    辿り着いた安息の地で新たな戦いが始まる第二弾。連邦に保護されたシン達が再び戦場に戻る話。1巻を超える緊迫感と迫力に後押しされあっという間に一気読み。期待を以上の面白さです。地獄から生き延び、平穏を手に入れても戦場に舞い戻ったシン達。境遇がマシになったとは言え、人の愚かさや醜さは相変わらずで、そんな中亡霊達を相手取る彼等は戦いの先に何を得るのか。レーナの戦いも含め、ここからどのような結末になり先に繋がるのか今後がとても楽しみです。地獄の先にある希望、彼等がそれを掴む日が来る事を祈りつつ次巻を待とう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • bookkeeper

    ★★★★☆ 前巻で死の哨戒任務に出発した86メンバーの、その後のお話し。 1巻で終わってるし、どう続けるの?と思っていたけど、とても楽しめた。ヒトの部隊であれば当然ある「生命の重視」を根底に持たない異質なロジックとの戦争の恐怖が感じられた。その点「World War Z」に通じる? メンバーが各自特殊な兵装で敵機の海で暴れ回るクライマックスは血が騒ぐ。彼らにはもう誰も犠牲になって欲しくないけど、あの戦場では名もない人たちが地獄を見ながらあっという間に蹂躙されてるんだよなぁ…。 次巻更に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    共和国の指揮官・レーナとの別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着き保護されたシンたち。再び戦うことを選んだ彼らが幼き少女・フレデリカと出会い、激戦に身を投じてゆく第二弾・ギアーデ連邦編前編。休息を与えられ新たな選択肢を提示されたシンたち。そんな彼らが出会った新たな仲間・フレデリカ。戦場しか選べない、戦うことしかできない彼らの存在は連邦にあっても異質で、だからこそ地獄のような戦いを続ける彼らとレギオンとの決着と、彼らの心にある彼女の存在と再会に救いがあることを期待せずにはいられないですね。後編にも期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    冒頭、レーナがシン達「86」の面々を送り出す場面から始まる。レギオンとの死闘を繰り返す、然しレギオンの変則的な動きにシンは察知こそ認識したが予想外の事象に...?ギアーデ連邦のエルンストは彼ら86を保護しようと動く。前巻は終始バトルシーンが多かったが今巻は連邦内に於ける戦士の休息?たる描写が読んでるこっちにもインターバル的安堵感をもたらせて♪10歳(!)のフレデリカの言動に苦笑(^_^;)レーナとは又違った印象のグレーテ中佐、86に全幅の信頼を寄せ?プレッシャーを排除。良い感じに♪連邦は彼らを不憫に思う→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シータ

    今回は1巻のラストに至るまでの空白の期間を描いた回でした。連邦に保護されて一時的に平和な時を過ごしていたエイティシックス達だったけど、シン達の居場所というか生きる理由が戦場にしかないのがわかって戦慄しました。レギオンを全て殲滅した後、エイティシックス達はどうなるのか気になるし、他に生きる理由が見つかるのか……。新キャラのフレデリカの身の上話がちょっと弱いというか、キリに関してあまり感情移入できなかったのが残念かなと思った。あとレーナもレーナで戦いがあり、下巻ではどういう進行でいくのか楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/07/07
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048932325

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK