転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ! 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ! 3

暗黒ジョブ系異世界コメディ第三弾!
著者: 真代屋秀晃 (著者) nauribon (イラスト)
シリーズ:転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ!(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

正義の心を持ちながらも「暴虐」の二つ名が定着してしまったユウト。いまや闇ギルド『ジーザス・スプラッタ』はエアノイト最凶と悪名が知れ渡っていた。
 そんな冒険者の街に間諜任務で派遣された魔族の少女デステリア。ユウトたちを要注意人物として監視対象とするが、彼女が目撃したのはやはり「暴虐」の名にふさわしい蛮行ばかりで……。
 さらに打倒魔王軍を掲げる高名な勇者一行が訪れて、街はお祭り騒ぎに。ユウトたちも勇者に取り入ろうと接触を図るが、ベルシーヌが考案したとんでもない接待で現場は混乱の渦に巻き込まれる!
 やがて魔族と勇者を巻き込んだ全面抗争にも発展!? ポンコツギルドが巻き起こす、暗黒ジョブ系コメディ第三弾!

みんなからのレビュー

  • 中性色

    ヨシヒコ的な何かか。というわけで最終巻。相変わらず話の構成とかはうまいなぁ。ただ、今回は1つの話としてのまとまりを重視してるからか、普段のようなギャグ面は少し薄めかな。しかし一発屋だと思ってた他の闇ギルド連中が最後までいい味出してるのがおもろい。しかし相変わらず3巻が限度だなぁ。個人的にはもうちょい売れてもおかしくないと思うのだが。個人的にはデステリアが好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    冒険者の街に間諜の為の魔族と、魔王軍打倒を目指す勇者一行が現れ、大騒動が巻き起こる今巻。―――自らの信じた正義を貫け、例え正義を敵に回しても。人からしたら敵である魔族を、自らの意志で助ける為に勇者を敵に回す。ユウトが勇者達の本質に触れ、自らの正義を貫き悪道を為して正道を貫く今巻は、自ら悪を為すと決め、徹底的に清々しいまでに悪を為して見せる。その熱さが格好いいという感情を想起させ、心を燃えさせる巻である。自分なりのやり方で守る為に旅立つユウト達の道の先、待つのはきっと大騒動と冒険だろう。 うん、面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 葦附

    おもしろかった。いい話でしたね。新キャラ視点も愉快。……おもしろかったんだけどなぁ、と。まあ読書メーターの登録数から見ても厳しいんだろうなってのは分かってましたけどね。■悪役が自らの計画を語りだしたりするの、メタ的にはありがたくても作品的にはどうなのさ、って思うことが多かったので、この作品の説明の付け方にはなるほどと思いました。まあちょっと迂遠ですけど。あとは各メンバーとの色恋話的なsomethingがもっと見たかったなと思ったり。売れていれば短篇集という形でワンチャンあったかな? なかったかもですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カラクリ

    シリーズ終了か……爽快感があってドタしてて感動シーンもあるけど最終的には笑える展開でスゴく好きだったんだけどなぁ。もう少し続いて欲しかった!世界一優しいスキルを使う正義のアサシンの物語。最高でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふるさと

    今回の3巻が「アサシンさん」シリーズで一番面白かったです(^ ^)新章「魔王城へ今日こそ」編スタートして欲しかった(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/07/07
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048932127

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル