虚ろな暗殺者と究極の世界人形
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

虚ろな暗殺者と究極の世界人形

"無敵"のアサシンが"最強"の王女を暗殺!?
著者: 舞阪洸 (著者) / 光姫満太郎 (イラスト)
シリーズ:虚ろな暗殺者と究極の世界人形(ファミ通文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

自堕落な遊び人だが、凄腕の暗殺者でもある青年ユグノー。二体の魔法人形を使う彼の暗殺の成功率は九割九分九厘を超える。しかし、幾ら裏家業で金を稼ぎ、贅沢をしようとも彼は満たされなかった。そんなある日、彼が引き受けた超高額な依頼のターゲットは一騎当千の巨大人形を操るファガラゥシュ王国の王女パルミラ! ユグノーはこの依頼をきっかけに大きな野望に巻き込まれてしまい――!? 魔法人形使いたちが繰り広げるバトルファンタジー開幕!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • HANA

    2体1組の魔法人形を使う暗殺者の話。自分じゃなく人形を使っての暗殺という設定が良い感じ。というか全体的に戦うのは人形というのが良い。またキャラクターもそれぞれ良いキャラなので結構一気に読めた。これからの展開に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    お約束の百合展開はあったものの、そこはそれ、全体的には少なかったし、今まで戦記物が多かったせいで、ちょっとは違う舞台、人物設定が楽しめそう。ちゃんと続いてくれるといいんだけど。(作者も同じ心配をしてましたけどね) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    二体の魔法人形を使う自堕落な凄腕暗殺者の青年が、巨大な魔法人形の主の王女暗殺依頼を受け始まる物語。―――見つけた理由、そして巻き込まれる戦い。命を文字通り握られる事から始まるこの物語は、裏の稼業に生きるどこか儚い青年が、強引ながらにも生きる理由を見つけ、同じ目的へと突き進む物語であり、人形達が華麗に激しく舞う戦いと、どこか癖のあり過ぎる者達の絡まり合いが目を引く物語になっている。未だ見つからぬ目標、その目標への道程はまだ遠い中、青年と王女の旅の行く先はどこへと向かっていくのだろうか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 彼方

    生きがいがなく暗殺の仕事をしては散財の日々を過ごす青年ユグノーは王女暗殺の仕事で野望に巻き込まれてしまい…魔法人形使いが繰り広げるバトルファンタジー。舞阪先生の新作ですが展開遅すぎじゃないですかね…?1巻かけた割にユグノーの野望は唐突感ありますしヒロインも掘り下げが少なく目的も若干ぼかしてますし、追跡パートやおふざけしてる暇があるなら物語にもっと引き込んでくれないと続きを読む気になれない…。レイとレミの二人は性格や裏表がなくはっきりしていて良かったですが、何かまた打ちきりになりそうな予感しかしないなぁ…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 高城剣

    売れないと続きが出ないのに、こんなに盛り上がらない終わり方をする理由がわからない。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/06/30
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784047346765

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK