スーパーカブ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スーパーカブ

ひとりぼっちの女の子と、世界で最も優れたバイクが紡ぐ、友情の物語。
著者: トネ・コーケン (著者) / (イラストレーター)
シリーズ:スーパーカブ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

山梨の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、中古のスーパーカブを買ったことでクラスメイトの礼子に話しかけられて――「わたしもバイクで通学してるんだ。見る?」

パートナーのおすすめレビュー

  • 新しく何か始めてみたくなる、そんな作品です。

    つむぎ
    つむぎ
    両親がいない、友達はいない、そして趣味もない……小熊は自分を“ないないの女の子”だと思っていました。けれど、バイク屋さんで中古のスーパーカブに出会ったその瞬間から、小熊の世界は広がり始めたんです!
     
    高校に向かう通学路や深夜のコンビニ……、見慣れたいつもの風景も、カブから見るだけで途端に非日常の景色に変わるんですね。ちょっとした冒険みたいでワクワクします。

    日々の生活を楽にしてくれるカブですが、時にはめんどうな思いをすることも。ただのガス欠だって、初心者の小熊にとっては重大なトラブルです。そんな現実的な問題の数々にも小熊はきちんと向き合い、解決方法を考えていくんですよ。子供から大人へと自立していく姿に、思わず立派だなって感心しちゃいました。

    物欲もない女の子だった小熊ですけど、次第にカブに乗るのに適した靴や、運転中に時間を確認するための腕時計等、気になるものが増えていくみたいです。それで初めてのバイトにも挑戦するのですが、その内容もカブに乗っての配達のお仕事なんですね! 好きなことのために、好きな仕事をできるってとっても素敵です!

    身近なスーパーカブを題材にした青春小説は、小熊のように新しいことを始めてみようかなって思える作品なんですよ。
  • バイク仲間って...なんかこれぞ青春って感じがする!

    綾乃
    綾乃
    クラスでは地味で目立たない小熊ちゃんと、学業優秀・容姿端麗な礼子ちゃん。どちらも積極的に人と関わるタイプじゃなかったけれど、同じカブ乗りだと知った途端に急接近!

    駐輪場でカブのシートに腰かけてお昼を一緒にするようになったり、礼子ちゃんのツテでカブの便利グッズを紹介してもらったりと、すぐに仲良くなっていくんだよ! ただの友達を越えた同好の士。女子高生なのにカブが共通の話題だなんて、渋いよね!

    カブ乗りの先輩である礼子ちゃんにはお世話になりっ放しに見えた小熊ちゃんだったけど、実は礼子ちゃんも小熊ちゃんからは影響を受けていたみたい。初心者ながらカブと真摯に向き合う小熊ちゃんを見て、礼子ちゃんはなんと富士山をカブで登ろうとするんだよ! それにしてもカブって本当にどんなところにも行けるんだね! そして後からその話を聞いた小熊ちゃんも、負けじと富士登山に挑戦してみたり……うん、これぞ青春って感じがする! 

    小熊ちゃんも礼子ちゃんも行動力に溢れていてすごいな~! そんなふたりのお話を読んでいると、わたしもどこか遠出したくなっちゃった!

みんなのデータ

  • 95
    評価する
  • 103
    読みたい

みんなからのレビュー

  • mura_わくわく

    オートバイを手にした喜び、工具を使いパーツを変え自分のものになっていく。そして、自分の行動半径も大きくなって不安とかワクワク感がひしひしと伝わる。文体はゆっくりとしていて、丁寧に。山梨県北杜市、一人暮らしの女子高校生小熊。スーパーカブはホンダの原付、良く新聞配達で使われるバイク。郵便局のカブは倒立型フォークなど純正からパーツが変わっていること知っていた。そう、オイル交換は自分で変えましょう。挿絵が雰囲気を伝える。役目を終えた郵政カブは譲っても良いのかなあ。読友さんのレビューで手に取った。続く→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • takaC

    バイクを乗り回してた頃(かれこれ30年〜20年前)のことを思い出した。武川の高校ってあそこかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    親・金・趣味・夢等、ないないだらけだった女子高生の小熊が、ある日気まぐれに買ったカブによって自分の世界が広がっていく少女×バイク物語。私はカブに乗った事はありませんが、免許を取得して車に乗れるようになった時に自転車では気軽に行けないような遠くの場所へも自由に行けるようになって自分の手の届く世界が広がったような感覚を思い出しました。初めてのカブに戸惑いながらも、自分の世界を少しづつ広げてくれるカブに充実感を感じていく小熊の心境の変化も良く、カブに乗った事のない人も楽しめるカブ入門書のような構成も良かったです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひさか

    カドカワの投稿サイトであるカクヨムのものを2017年5月に角川スニーカー文庫から刊行。ヒロインの名前の小熊は、愛称かなと思いましたが、わからないままです。小熊とカブの関わりが興味深く、面白いです。富士登山に出てくる友人のカブはインジェクション仕様なんだろうなと思います。カブもやがては、電動に代わる日が、来ますが、小熊も乗換えるのでしょうか。続編もあるようで、楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    父親を亡くし母親が失踪、友達も趣味も何もない日々を送っていた山梨の高校に通う女子高生・小熊。そんな彼女が中古のスーパーカブに出会い、それをきっかけに世界が広がってゆく物語。奨学金で高校に通う慎ましい生活を送る子熊視点で淡々と綴られる、同じカブに乗る同級生の礼子と知り合ったり、カブを巡る様々な出来事に遭遇したり、これまで目を向けてこなかったものに気づいてゆく展開。著者さんの深いカブ愛を感じつつ、子熊らしい慎重なペースで、けれど確実に世界が広がっていてゆく様子がとてもいいと思いました。これは続巻も期待ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

2021年春アニメおすすめのライトノベル原作はこれだ!

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK