転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ! 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ! 2

暗黒ジョブ系異世界コメディ第二弾!
著者: 真代屋秀晃 (著者) nauribon (イラスト)
シリーズ:転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ!(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ジーザス・スプラッタ」の健全なギルド運営を目指し、改革に取り組むユウトたち。だが依頼されたクエストは相変わらず失敗続き。一方、街では闇ギルドの粛正が強化されており……?

みんなからのレビュー

  • スズ

    様々な依頼に挑戦するユウト達だが、失敗続きでギルドの評判はますます悪化。そんな中市長が、ユウトが以前所属していた正規ギルドを使い、闇ギルドを一掃しようと動き出して…。状態異常激辛・スケベ・アホに罹ったノルン達を治そうとするユウトや、「気持ち悪い」と侮蔑されながらも、たった一人で墓地の清掃を行うネクロマンサーのノルンが良かった。市長や信頼していた人物に裏切られ、絶望するマリエルに手を差し伸べ、「たった一人の女の子の涙を止められなくて何が正義だ!」と啖呵を切ったユウトが熱い。正規ギルド対闇ギルドの戦争が激熱! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    たとえてる割には普通だなおい。今回も闇ギルドの面々がいろいろと騒がしい作品。しかし、前作もそうだけど2巻は状態異常回を挟まないといけないのか。ひとつひとつは短編形式だけど、ちゃんと最後につなげてるのがうまい。あとやっぱり、悪役がきちんとかっこいい作品は貴重。今後はノルンとマリエルで取り合ったりとかあるんだろうか。個人的にはリカレットが好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベの王女様

    大義の名の下に悪事が正当化され、正義とは何かを問いかける今巻。―――闇を以って、光を照らす。私欲のために自らの罪をなすりつけ、鬱憤を晴らすためにギルドを粛清し、手柄のためにマリエルの父を見殺しにした、無能で下劣な市長。そんな邪悪な人間に、妹を殺した闇ギルドを恨む最強の騎士が手を貸してしまう。自分達の居場所を、無力感に泣き叫んでいるかつての同僚マリエルを、何より自分の信じる正義を守るため、少年は闇ギルドの面々を引き連れて巨悪を打ち倒す。闇の炎に燃える彼らの情熱は、次に何を見せてくれるのか。次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • デフォー

    「反撃を開始する」のときに必殺仕事人のテーマ曲を脳内で再生しながら読むと楽しいです。もしかしてこの巻で終わり?っと思うような展開でしたが、3巻が出るとあとがきにありましたので安心しました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    改革を進める中、粛清が激しさを増す今巻。―――真実が明らかになる時、悪を以て正義を倒す。友人の女騎士に関する真実が明らかになる今巻は、彼女を救う為に立ちはだかる正義を相手に、闇のギルドを纏めて立ち向かう巻となっている。敵は王の庇護を得た大物、だけど許せぬ悪がある。だからこそ例え悪であり悪と呼ばれようとも、力で立ち向かう。悪い手を使っては生きていけない、そうだとしても悪でしか救えないものがあるというのなら。悪を以て悪を倒し、どんどんと悪名が売れていく彼等はどこへ向かうのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/12/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048925631

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル