魔迷宮のセイレ-ンが歌いません
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔迷宮のセイレ-ンが歌いません

冒険者が聞いたら最後! 迷宮内最強は魔性の声!?
著者: 関根パン (著者) / 桜木蓮 (イラスト)
シリーズ:魔迷宮のセイレーンが歌いません(ファミ通文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔王様の『卵』を守るため、魔迷宮に響け『緊縛の歌』――って、おしゃべりタイムで冒険者を釘付け!? 歌わないセイレーン4人娘が贈るダンジョン・トーク・コメディ開幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    魔界に続く迷宮を舞台に歌えぬ歌わぬセイレーン達と左遷された上級悪魔が送る物語。―――語れや語れ、この広い迷宮で。歌えないならラジオすればいいじゃない、つまりはそんな感じの物語であり少女達がゆるくお気楽に迷宮内でラジオを流す物語なのである。ラブとバトルよりも喜劇に傾倒している為肩の力を抜いて楽しめる物語に仕上がっており、最後まで決められず三名目に徹している主人公、ボケが過多なセイレーンの少女達のドタバタを楽しむのが正解である。麻痺してもこんな話なら聞いてみたい、そう考えたのならきっと、この物語の虜になってる 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベスキー

    ダンジョンでセイレーンがラジオ放送的なものをするお話。 主人公が最後まで格好つかなくて、とてもほのぼのした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • takave

    割りと好き。ダンジョンに魔歌を流すのがセイレーンの仕事だけど、歌わずに駄弁る、ゆるい雰囲気が心地良い。続き読みたいけど、ファミ通文庫なのがなぁ・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さあささん

    魔物側からダンジョンを見る話でした。圧倒的にラジオですけど。/内容としては、主人公である上級魔族ヴァルクが降格により閑職に飛ばされ、そこでどうにかしようと画策するというものです。実際はセイレーン達の雑談とヴァルクのツッコミを楽しむ話ですけど。セイレーン達の雑談に対して内心ツッコムヴァルクの微妙にキモイ感じがとても良かったです。/キャラとしてはポエンが好きです。あのあざとい純情さがいい。あとは表紙で大きく描かれていたスズではなくネモが最後にフラグをたてて終わるのには少し驚きました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベの王女様

    歌を全く歌えない四人のセイレーンが、ダンジョン内の歌唱室でひたすら駄弁る物語。―――歌えなくとも、言葉がある。本来のセイレーンは歌声で人間を魅了するのに対し、スズたち第八班は「おしゃべり」で迷宮内の冒険者を麻痺させる。世の中、何が起こるか分からないものね。全体的に作風はゆるゆるで、ダンジョンものだから多少の戦闘シーンはあるけど、死亡描写は人・魔族共に全く無いから安心よ。魔族だけでなく、魔族の言葉を解せる冒険者からもファンレターが届く人気っぷりの第八班は今後何を見せてくれるのか。次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/11/28
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784047343900

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK