セブンキャストのひきこもり魔術王 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

セブンキャストのひきこもり魔術王 2

魔術文化祭、開幕!! ――それでも、魔術王はひきこもる!?
著者: 岬かつみ (著者) / mmu (イラスト)
シリーズ:セブンキャストのひきこもり魔術王(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

初の親友ブランの正体を知ったデュセルは、一層デレデレ――でも、デートに来るのは分身ばかりで、相変わらず魔術王はひきこもる。だが、魔術文化祭を控えた学園に、七詠唱を狙うステラの父・スティーヴンが現れ!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    デュセルに正体を知られてしまったものの、相変わらず分身任せでひきこもりのブラン。魔術文化祭を控えた学園に、七詠唱を狙うステラの父でメトロポリタン大統領スティーヴンが現れる第二弾。気になる存在・ブランの正体を知らないままのステラと、着実に七詠唱の正体に近づいていく子煩悩な強敵スティーヴンの思惑が見事にすれ違い(苦笑)それに様々な思惑が絡んで負けず嫌い者同士が激突する展開になってゆく流れはとても面白かったです。ドタバタ劇を巧みに収束させて、仕込んだ伏線をうまく次に繋げてゆくところも見事で、続編が楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    デュセルは全然女王らしくないけどむしろ親しみが持てていいかも知れない。後、前回モリガンに調教されてそれはそれは見事なシスコンぶりを披露したデュセルの姉たちが面白かったです。無事に重版がかかったようで何よりです。次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    文化祭を控えた学園に会長の父親で世界最強の魔術師が現れる今巻。―――守る為に、再び牙を剥け。冷徹な魔術師としての顔、だが父親の顔は子煩悩。そんな最強の魔術師は最強の名に相応しく一筋縄ではいかない力を見せつけ、再び襲来した大魔術師は気儘に暴れ回り更なる力を手に入れ、裏で悪事を企む悪達は最強の力に蹂躙される。舞台説明も終わり、更なる個性強な者達が舞台上に上がったこの物語、更に熱さと面白さが増し、いい感じに円熟してきている。自分の力で戦ったブラン、彼を中心に世界は回り、どこへと向かうのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アポロガイスト

    今回も面白かった!!一巻から思っていたがブランの能力はどちらかというと悪役向けで、その多勢に無勢の分身たちの攻勢を次々に単身返り討ちにしていく主人公補正の体現者ステラパパ。今回の敵役も凄く良い!パパ強すぎである。ブランも十分反則じみた魔術を使うのだが「あんなの反則だ」と言いたくなる気持ちも分かるし、主人公に勝てない悪役視点的な面白さがある。それでも最後はなんとかするのがブランの主人公としての面目躍如。そしてアンジェが師匠ポジという美味しいところをかっさらっていって大満足。にしても魔術文化祭楽しそうだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    引きこもり主人公話、2巻。今回は文化祭を舞台にステラ父との話。主人公は絶対的な能力を持っているかと思いきやそんな感じでもない展開になってきてこれは楽しくなってきた感じ。キャラクターもそれぞれ面白いキャラなので次も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK