フェオ-リア魔法戦記死想転生
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

フェオ-リア魔法戦記死想転生

死者の軍隊vs不死者の戦いを描く戦記ファンタジー
著者: 旭 蓑雄 (著者) / ニリツ (イラスト)
シリーズ:フェオーリア魔法戦記 死想転生(電撃文庫)

あらすじ紹介

死者の魂を無限の兵器として運用し、たった独りで戦況を塗り替える死世学者の少女クレス=エンド=フィニータス。恋人の霊トトポンとともに挑んだ首都防衛戦の行方は――。

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    類稀なる力を持つ死世学者の少女・クレッシェントと、彼女の力で死から呼び戻された幼馴染にして傭兵の男・トトポン。そんな二人の罪と運命を描いた物語。うひゃー、この設定の難解さと、何とも言えない奇妙で独特な読み応え。これを私は待っていたんですよ。前作も面白かったけど、やっぱり旭さんの作品はこういう骨太でガッツリしたヤツの方が面白いですね。ライトノベルではあるけど、ライトノベルの枠を超えたファンタジーで哲学的な作品でもある。非常に作者さんらしい、個性がしっかりと出ていた1冊だったと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヱロ本Gメン

    客観的な冷めた文章が死世学という題材にマッチしている。思えばレターズもそんな印象だったが、MOEでは内容と表現が噛み合ってなかった。平行世界から異世界ファンタジーに舞台を移したが扱うテーマは同じだ。進化、変異。精神・身体の内に外にあるもの。社会と個人の境界。舞台をファンタジーにすることによりこうしたテーマと物語とがうまくブレンドされ、死生観や自我という観念論も織り込むことで物語を骨太にしている。読書中から何か作者の底知れない意気込みを感じちょっぴり不安だったりもするが、素直に讃える気持ちが上回る。面白い! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    前作のMOEとは違い今回の新作はネクロマンサーな少女と不死身な少年が繰り広げるファンタジーもの。序盤は展開的に退屈な感じだったが、中盤からどんどんと秘密が明かされてくるにつれ話に入り込んでいけたな。最後の対決とその結末そしてエピローグまで流れが個人的には良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サイバーパンツ

    死生学という概念を通して、生と死、社会と個人、自我や認識などのテーマをファンタジー世界に落とし込み、それでいて霊魂と人工知能を掛け合わすポストヒューマンSF的なことも行っている。テーマ的にレターズ/ヴァニシングと重なる部分も多く、いい感じで作者の思想が濃縮されているかなと。ただ、複雑な設定や世界観に付いていくのに精一杯なところもあり、レターズ同様、2巻以降により面白くなる気がするので、長期シリーズに向いてる作者なのかなと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サンゴ

    ロケットパンチ!は浪漫です 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/07/09
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048922029

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK