オルタナティヴ・エゴの乱逆 ブギ-ポップ・アンチテ-ゼ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

オルタナティヴ・エゴの乱逆 ブギ-ポップ・アンチテ-ゼ

いずれ君は、世界の敵と遭遇するだろう――ブギーポップ最新作!
著者: 上遠野浩平 (著者) / 緒方剛志 (イラスト)
シリーズ:ブギーポップ(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

君は世の中が間違っていると思ったことはあるかい――?
ブギーポップ、待望の最新刊登場!

君は世の中が間違っていると思ったことはあるかい? もし不満があるなら君は反逆しなければならない。だが気をつけなきゃならないのは、君の行動でとても迷惑する人が出ることと、このぼく、ブギーポップに殺されてしまうかも知れないってことだ――統和機構内部の勢力争いに巻き込まれてしまった織機綺と谷口正樹。若い恋人たちに科せられた試練は、自分自身をも裏切るいびつな心の影と直面することだった。お互いのためと考えながらも、決断できない弱い精神が二人を苦しめる。その中で浮かび上がってくるのは、かつて世界を滅ぼしかけた危険な呪いと、己を見失った人々の混乱した焦燥――思考に潜むオルタナティヴ・エゴという罠から、綺たちは脱出して正しい道を見出すことができるだろうか……?

みんなからのレビュー

  • 眠る山猫屋

    織機綺と谷口正樹。長い物語の初期から登場していた恋人たちの物語にも進展が。初っぱなの、ブギーポップとクワガタくんの会話からして良い。クワガタくん、是非とも生き延びて欲しいキャラクターです。物語は織機綺の隠された価値を巡る、ふたつの合成人間チームの死闘に巻き込まれた恋人たちの脱出劇。バラバラにも見えてお互いを信じ切ってるんだよね、このカップルは。ふたりの関係は、結局のところ、オルタナティブエゴとは真逆。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 眠る山猫屋

    再読。またかよ~って思ってしまう、綺と正樹の受難。しかし今回はちょっと違った。不幸な恋人たちを巡る統和機構の内紛に、キュートなキャラクターたちが絡んで・・・。メローイエローもラストに登場、ブギーポップにからかわれているクワガタも素敵。統和機構が明らかにガタガタに劣化しているので、はやくあの〝博士〟に建て直してもらわないとね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ネムコ

    今回はブギーポップが何気に多めに出てきて嬉しかった。「あんた、あんだけっぽっちしか出てないのに主人公の出演料って図々しすぎない?」とかクレームがついたのかな(笑)。今回は綾と正樹の二人が中心。凪グループが統和機構内で高い地位を獲得しつつある。乗っ取りも夢じゃない。頑張れ!(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • exsoy

    綺が「初めて」「自分の意志で」何かを決めた、ただそれだけのお話だったのだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    上遠野浩平先生の #ラノベ うおおお、久しぶりにブギーポップがいっぱいでている! メインキャラも正樹&綾というなんだかよくわからないけど、凄く因縁が絡んでいるキャラだけに面白かった。おかげでまわりの合成人間がどんどん死んでいくことに。いやあ、それもブギーらしいんですけどね。しかし、このカップルどうなるんだろう? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/03/10
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784048658317

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル