ふぉっくすている? 2本目
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ふぉっくすている? 2本目

バトってラブるスクールコメディ第二弾、はじまる!!
著者: 冬木冬樹 (著者) / 犬洞あん (イラスト)
シリーズ:ふぉっくすている?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「普通の高校生」をやっている“つもり”の清原凪の正体は九尾の狐だ。しかしけっこう迂闊なせいで凪は幼狐である橘から自分を娶るよう迫られながらの同棲生活中。しかも凪の通う学校は妖怪を保護・管理する施設を兼ねていて、橘の他にも有象無象の妖怪たちが人間のフリをしている。球技大会を控える凪に、天狗娘の藤紫は蹴鞠などする感じ?とセパタクローをわりと本気で競技に提案してくる。転校生の鵺からは「監視に来た」と目をつけられて、“普通オンチ”な凪の高校生活はまたややこしくなりそうな雲行きに――? バトってラブるスクールコメディ第二弾、はじまる!!

みんなからのレビュー

  • さっち

    主人公がどうしたいのかよくわからないけど、今は迷ってるところなんだろうな。なんか伏線っぽいのも張られたし 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さむしんぐ

    橘がかわいかったので私は満足です 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 椅子

    なんかもう主人公は義務感だけで橘と一緒にいるんじゃないかって感じ。作中でも言及されてたが「普通の人間」であろうとしてる自分しか興味ないんだよね。火車が出てどう変わるか期待。あとイラストは素晴らしい。犬洞あんさん最高や。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たくぞう

    橘には側にいてほしい。ただし、自分からは何も働きかけない。凪ってかなり外道じゃないか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 兎追いしかの山

    橘が可愛い。が、これだけではちょっと追っていくにはキツイ感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/07/02
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840138130

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル