漂流王国 難民勇者と目指すトップアイドル
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

漂流王国 難民勇者と目指すトップアイドル

異世界から亡命してきた勇者やエルフの少女をアイドル活動で英雄に育てろ!
著者: 玩具堂 (著者) / U35 (イラスト)
シリーズ:漂流王国(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

日本の十六門市は異世界から亡命してきた漂流王国メヘンと融合した! メヘンの巫女王シータから新時代の英雄を育てろと命じられた翌は、アイドル活動で勇者やエルフの少女たちを英雄に育てることを考えて!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • あなほりふくろう

    途中でこれはマクロス目指すのか、歌とステージで平和を目指すのかなと頭をよぎって、それはそう間違ってなかった気がするんだけど…… ファーストライブ地獄変があまりに予想の斜め上過ぎて、もう大爆笑。見開き挿絵の手前側、想像するだにおぞましいwww 玩具堂の新作はアイドル育成モノ。CtGの時と同じく自分には馴染みのないところで、でもキャラ同士の掛け合いなど面白く読んだ。朝霞のツンな感じがいいアクセント、でも玩具堂ファン的にはヒロイン同士はもっとギスギスしてもいいのよ? まだ物語は立ち上がったばかり、次巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    滅亡寸前の異世界から転移してきた漂流王国メヘンと融合した十六門市を舞台に、高校生のメクルが巫女王から新時代の英雄を育てるよう依頼を受けるところから始まる話。玩具堂先生の新作という事で期待して読んだのですが、正直あまり面白くなかったです。魔物がいない世界で勇者を人気者にするためにアイドル活動するという設定は良かったのに、肝心のアイドル活動部分にページを割けなかったのは痛いですね。説明も長かったし、全体的にゴチャゴチャしていたかなと思います。続きを買うかどうかは迷うところだなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    滅亡寸前の異世界から転移してきた漂流王国メヘンと融合した十六門市。そんな不思議な街の市長を務める母に会いに来た高校生鵐目翌が、メヘンの巫女王から英雄育成を依頼される物語。前半は英雄の現在の状況となぜ英雄の成長が必要なのかという部分に費やされたため、準備期間が少なかったアイドルユニットのデビューはカオスな方向に向かうしかなくて、どこか盛り上がりきれずにもったいないというか、ポテンシャルを活かしきれなかった印象。次巻でテーマが変わって人間関係がもっとこなれてきたら、少し印象が変わってくるかも?巻き返しに期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • METHIE

    ツイッターで知り合った知人が話題にしていたので読んでみたら物凄く面白かったです。お話はファンタジー世界から王国メヘンがやってきて街と融合した所が舞台なのだが、メヘンでボランティアをして就職活動の履歴書に載せようとする若者の描写などリアリティがあって感心する。クライマックスも単純にアイドル活動をするのではなく捻りが効いている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    勇者が戦う以外に出来ることは…… アイドル。色々あってアイドルユニットも結成してファーストライブをやることに。ファーストライブのお客さんがまさに斜め上から来たキャラ達でライブがカオスな状態だった。でも面白かった。続きが楽しみだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK