城下町は今日も魔法事件であふれている 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

城下町は今日も魔法事件であふれている 2

個性的なキャラたちが織りなす街角ファンタジー第2弾!
著者: 井上悠宇 (著者) / 武藤此史 (イラスト)
シリーズ:城下町は今日も魔法事件であふれている(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔法が人々の生活に根づいた世界――騎士のノエルと従騎士のアリエスは「全てを貫く魔法の槍と、全てを防ぐ魔法の盾」が起こした不可解な事件を調査する。そこに天才魔術師のエスティカが首を突っ込んできて――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しぇん

    探偵役がいて謎解きみたいな形式をとっていますが事件簿であってミステリーでは無いですね。前半はわりと些細な事件ですが、後半は前巻同様に国家規模な事件でした。ステラの過去話がその事件の中心でしたが、やや腑に落ちない事も……。話の形式は面白いのですが、キャラの関係などもうちょっと色々濃ければなと思ったりもします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    猫耳なのには、ちゃんと理由があったのか。王都防衛騎士団ノエルが魔術師エスティカと共に魔法事件に首を突っ込んでいく話2巻。今回は殺人事件、異物混入事件、連続落書き事件、王女変身事件でした。面白かったのですが、一つ一つの話が短いので事件や登場人物の掘り下げが浅く感じましたかねぇ……。所々でブラックといいますか、ちょっぴり後味悪めな部分もあったり。リゼットのぬいぐるみ達が、やっぱり可愛かったです。アリエスの飛び出すヒヨコちゃんも独特の脱力感のある鳴き声がシュールで好きでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • niko

    前作に続き、今回も「なんだか作文を読んでるような」感じですね。こぢんまりとした所に登場人物がただ立って話しているだけ。人口密度は高いけど、動きが感じられないと言った状態です。連作短編でいくなら各話の登場人物を絞って、それぞれに動きをもたせた方がいいかもしれません。特に1話目の魔法と謎の関係は悪くなかったし、物覚えの悪い私が前巻を読んでから時間が経っているのに登場人物を良く覚えていたぐらいキャラクター設定もしっかりしてたと思うので、動きさえついたら面白くなるのではないかと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 夏葉

    ステラの事件は尻すぼみに感じたけど、それ以外はさらっと読めて悪くなかった。斧はやばい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルベスタ

    正直・・・・。残念な感じかなぁ~(45点) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK