ミニッツ #5 鬼火の消えるとき
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ミニッツ #5 鬼火の消えるとき

トリックとロジックが交差する、学園騙し合いストーリー、ここに完結。
著者: 乙野 四方字 (著者) / ゆーげん (イラスト)
シリーズ:ミニッツ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

トリックとロジックが交差する、学園騙し合いラブストーリー、ここに完結。

一分間だけ相手の心を読める『ミニッツ』能力を持つ少年・相上櫻の前に、かつての宿敵、守垣内明芳が再び現れた。
明芳は『他人に言う事を聞かせる』という最強の能力に目覚め、その能力で櫻と創遊研の面々を互いに争わせようとする。
琴宮遙。岸良夏凪。乾陣内。全てを敵に回して孤立した櫻は、負けられない最後の『戦い』を前に、一つの決意をした。
――ミニッツを使わずに、この『戦い』に勝利する。
大切な人を守るため、相上櫻が仕掛けた最後のトリックとは?

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    櫻の前に宿敵・守垣内明芳が再び現れ、鬼火の能力を使って遥・彼方・アザミ・よもぎのうちいずれかが東京に一緒に来るよう強制し、大切な人を行かせないため遙・夏凪・陣内・櫻がゲームで勝負するシリーズ最終巻。久しぶりの刊行で内容を思い出しながらでしたが、創作ゲームで繰り広げられる各人への想いや目的を達成のために繰り広げられる心理戦は相変わらず面白かったですね。正直打ち切りかと思っていたので、鬼火の謎も解明し、明芳との因縁にも意外な方法を使いながらもきちんと決着をつけた納得感のある結末を読めて良かったなと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    最終巻。長い事出てなかったので流石に登場人物の一致に苦労した。鬼火伝説の真相解明や櫻と父親との蟠りの解消、明芳との問題もうまい事終わらせたな。相変わらず創作ゲームは面白そうだったな。心理戦では櫻の策略が先の方まで読みすぎやろと思った。消化不良で終わらず綺麗に完結できて良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    ママこき。というわけで最終巻。それぞれのクオリティは高い分、結局最後までどれを推したいのかいまいちわかりづらいとこがあったかな。それに、回収しきれていない箇所もあるけど、とりあえず纏まってはいたかなという感じ。しかし、変に最後に出てくるのがエロネタなのはある意味個の作品らしいけど。個人的には早乙女が好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sskitto0504

    ラストだけレーベル変わった?まさかのラスト巻が出るとは思ってなかったがいろいろあったのかな。内容は落ち着くとこに落ち着いたかな。最後までアズミは何者っていう最大の謎は残ってしまいましたが…次回作期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヤギ郎

    シリーズ最終巻。それぞれが好きな人を助けるために成すことを成す回。こじれていた人間関係は解決したが、アザミちゃんの人形の話など、未だに語られていない話がある。これが最終巻だと作者も述べているので、次巻を期待するのは酷だろう。シリーズ全体として面白く楽しく読めた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/10/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048654418

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK