ぼくのゆうしゃ 8
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぼくのゆうしゃ 8

「信じろよ、トオル。お前が旅した――この世界を」
著者: 葵せきな (著者) / Nino (イラスト)
シリーズ:ぼくのゆうしゃ(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

勇者・魔王・人類三つ巴の攻防の末、世界は改変された。ファルディオ・レイア・セシリア・ヨルという、トオル不在のパーティは世界見聞の新たな旅に出ることになる。――半年後の《最終裁決》に向けて。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    トオルの願いが受理され、世界は魔法のない世界へ移行し始めた。半年間の執行猶予の中、審判委任者に選ばれたヨルとファルディオはセシリアとレイアと共に改変された世界を巡り、改変された世界への結論を見出す…。子供ながらにして残酷な程、優しく真っ直ぐなゆうしゃミカミトオルの冒険譚完結。魔法が使えなくなるという改変されていく世界の中で、魔物と人間のあり方を魔王と大魔導師,さらには教皇が一緒になって模索し、この世界を救った勇者を今度は世界が救うという大団円。ファルディオは本当小悪党であり大魔導師だったな。確かに→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★素晴らしい。前巻での、トオルの死からどのようなラストを迎えるのかとても気になっていたため、この結末には大満足だった。著者らしい、驚きのある展開も随所に仕込まれていてグッド。半年間の旅をやけに省略しているなと思っていたが、あの「代償」のための伏線だったとは。上手い落とし所だと思った。また、ラストバトルが熱かった。王道を外さずに、それでいてコメディも交える。流石、葵せきなだと。そして、別れのシーンでは思わず涙が。ファルディオは最後まで小悪党で最高に格好いい大魔導師だった。次回作にも期待している。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スー

    シリーズ最終巻。トオルが願いを叶え自らの命を落とし、改変された異世界を旅する嘗ての仲間達。彼等が望むものは当然…といったお話。最終巻らしく主要キャラ夫々の見せ場があり、今迄旅してきた思い出の地も出てきて読み応えがあった。本作は、不遇な環境により自らの存在に罪の意識を持つ歪んだ少年の心の回復物語としても、異世界バトルコメディとしても読める良作でした。あとがきのキャラ寸評も納得。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 優羽美月

    ルウもトオルもいない淋しい。トオルが考え、変わりつつある世界にさらなる困難が。初代審判者はトオルの関係者、というよりヒロキの血縁者だった。ラストは色々考えてみたけど、これが一番しっくりきた。ヴェリール村のゴムックス、欲しくなった。☆4 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    スーリムが生き残るということ以外は大変満足です。ファンタジー小説の手本みたいな感じで最後は感動しました。ファルディオが終始トオルのお兄ちゃんで背中を押してましたね。全ての伏線を回収仕切ってこれ以上無い最終巻でした!葵せきな先生の作品をこれからも追っていきたいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK