フェイクゲ-ム 未来強奪
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

フェイクゲ-ム 未来強奪

予知能力者。それは未来を見て、よりベストな道を選ぶことができる者。では予知能力者同士が戦うとどうなるのか? いま、命を賭けた騙し合いが始まる!
著者: 岩関昂道 (著者) / 岩本 ゼロゴ (イラスト)
シリーズ:フェイクゲーム(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

予知能力者。それは未来を見て、よりベストな道を選ぶことができる者。では予知能力者同士が戦うと……? ふとした事故によって、予知能力を手に入れた高校生、新藤陽太。ある日、学校の美しき才女・若月美登利から、二年前に東京で起こった連続殺人事件にも予知能力者が関わっているという驚愕の事実を知らされる――。 命を賭けた決死の頭脳戦が、いま開幕する!!

みんなからのレビュー

  • まりも

    人に触れる事で未来を予知する事が出来る能力に目覚めた主人公が、ヒロインと共に未来予知を悪用する人物の陰謀を阻止する為に戦う話。とても面白かったです。緊迫感あふれる頭脳戦、先の読めない展開にハラハラしながら読み進めました。予知能力者同士がぶつかるからこそ出せる緊迫感や駆け引きからなる頭脳戦が最大の魅力ですね。帯に書いてる通り手に汗握る展開なので、あっという間に読了できると思います。仲間が殺される事で主人公がその真価を発揮する所も王道的で良かったです。もう少しモブの死に重みがあれば文句無しでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    個人的には面白かった。帯に書いてあった謳い文句通りの頭脳戦だったな。ひょんな事から予知能力に目覚めた主人公がヒロインと出会い、もう一人の予知能力者の陰謀を阻止するために命がけの騙し合いをする話。序盤から中盤までは主人公サイドが手玉に取られていたが、親しい人が殺され意識を切り替えた主人公の逆転劇が面白かった。便利な能力に依存してしまうのは当たり前なんだよな、それを逆手に取り予知ではなく予想により未来を覆す様は面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 晦夢

    予知能力者VS予知能力者。ふとしたことで予知能力を得た陽太は美登利に出会い、重大な事件を起こそうとしている予知能力者と戦うことに。裏の裏をかく頭脳戦が始まる。予知能力者と予知能力者という能力で未来を見るだけでは勝てない戦いで、予知能力の特性を利用し先の先を読むという頭脳戦はすごい良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たにやん

    予知能力を手に入れてしまった少年がテロを企てようとする予知能力者との戦いに巻き込まれていく。予知能力の設定やそれを活かした騙しあいはかなり読みごたえがあり面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    ソラの星の岩関先生の新作。やや微妙でした。触れた人の強い感情を抱く出来事を予知する能力を手に入れた主人公が、テロを企画する同じ予知能力者との戦いに巻き込まれていく話と。テロなので人が結構死んだりしているのですが、何か物語りが軽い印象が。初めMw文庫で出せば良いのにと思いながら読んでいましたが、読み終わる前には電撃で良かったのかなと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/09/10
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784048653916

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル