バッカ-ノ!1931 The Grand Punk Railroad 鈍行編
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

バッカ-ノ!1931 The Grand Punk Railroad 鈍行編

大陸横断特急にクレイジーな夜が来る――!
著者: 成田良悟 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:バッカーノ!(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

第9回電撃ゲーム小説大賞〈金賞〉受賞の成田良悟が、前作を上回るスケールとトリッキーな構成で贈る受賞後第1作。 舞台は1931年アメリカ。 大陸横断特急「フライング・プッシーフット」。 “不良軍団”は貨物室のお宝をちょいと戴くため、列車に乗り込んだ。 “革命テロリスト軍団”は偉大なる指導者を奪還するため、列車に乗り込んだ。 “ギャング”は鉄道会社を脅して金をせしめるため、列車に乗り込んだ。 “泥棒カップル”は一年ぶりにNYの友人と会うため、列車に乗り込んだ。 出発の興奮に酔う彼らはまだ知らない。これから始まるクレイジーな夜を――。

みんなのデータ

  • 32
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ろここ

    面白い群像劇を調べてたら、教えてもらいました。3つの犯罪グループ、バカップル、不老不死の人、情報屋、伝説の殺し屋、多数の乗客…etcが高速鉄道の中で大暴れして面白かった〜。それぞれの思惑と背景、意外な人物像がクロスする。先にアニメ版見ておいてよかった。じゃないと登場人物把握と脳内映像化できなかったかも。ジャグジーの入れ墨の理由とか知れてよかった。鈍行編と特急編で視点を分けて書かれているので二度三度美味しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sakopy

    列車強盗しようぜ!儲かるらしいし わぁ素敵!お金持ちになれるね! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 土方one太丹

    相変わらず、強盗バカップルに癒されます(´∀`*) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Solveig_X

    舞台は1931年のアメリカ。悪人ばかりが偶然乗り合わせたNY行きの大陸横断列車。テロリスト、殺人狂、不良グループ、泥棒カップル、錬金術師、その他得体の知れない「何か」 生き残るのは果たして?! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 銀城

    読了済 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/08/25
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048694148

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK