終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #03
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #03

読者の熱烈な支持を受け、続刊決定!
著者: 枯野瑛 (著者) / ue (イラスト)
シリーズ:終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

口コミからの大ブレイク! アニメは国内外でも話題騒然!!

おかえりの声を、聞きたかった。ただいまを、きちんと、言いたかった。バターケーキを、食べたかった。
それらの願いは、すべて叶った。帰るべき場所へ帰り、逢いたかった人に逢えた。だから。約束は尽きて。
追いついてきた終末は、背後から静かに、少女の肩に手をかける。

「ごめん。わたし、もう、絶対に、幸せになんてなれないんだ。だって、気づいちゃったから。わたし、とっくに――」

青年教官と少女妖精の、儚く輝いた日々。第3幕。

みんなのデータ

  • 186
    評価する
  • 76
    読みたい

みんなからのレビュー

  • θ(シータ)

    「だって、気づいちゃったから。わたし、もう、とっくに幸せだったんだって」《奇跡》を起こし前世の侵食を一時的に退けたクトリ。でも、どんな奇跡にも代償はあるもの。ほら、彼女の肩に終末が……第3幕。悲しい…ひたすら悲しい。奇跡を起こし一時的ながら侵食を退けたのに宿命は!使命は!運命は!クトリを決して離そうとしてくれない。しかも、話が進むにつれて性格・口調が変わっていき記憶はどんどん欠けていく。だが、ヴィレムへの想いは募っていくばかり。果たしてこの終末の行方に救いはあるだろうか…星6つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    意識が戻ったクトリだが、彼女は黄金妖精ではなくなっていた。妖精兵を引退したクトリは、ヴィレムとの温かい日常を過ごすが、彼女の記憶は前世の記憶の侵食で削られ続けていて……。クトリが記憶を削られながらもヴィレムの側を離れず、大好きな彼に寄り添い続ける姿に胸を打たれた。ヴィレムも彼女を助けたい、クトリを幸せにしたいという想いに溢れていて、彼に守りたい者や帰りたい場所、生き続ける目的が出来ていたことが伝わってきた。ヴィレムが大好きで、彼がお父さんで、クトリがお母さんになってほしいと呟くラキシュが可愛らしかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シータ

    嫌な予感はずっとしてたし、身構えてはいたけど、やっぱり辛いものがある。前半の日常パートからもう不穏な空気しかなかったし、記憶が徐々になくなっていくのがもう読んでて辛かったのに、最後の数ページはもう切なすぎて全俺が泣いた。というか、クトリを救える可能性をチラつかせる辺りが憎たらしいですわ。あとクトリの「わたし、もう、とっくに幸せだったんだって」という台詞がすごい印象強かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • giant★killing

    内容はヴィレムの「おかえり」の声を聞き、それに「ただいま」と返せて、彼の焼いてくれたバターケーキも食べることができたクトリ。願いは叶った。彼女の蒼い長髪が徐々に、でも確実に赤く染まっていく…。P85 約束は尽きて。追いついてきた終わりは、背後から静かに、少女の肩に手をかける。 そんな中、クトリは、P201「幸せになるって、どういうことだと思う?」と考え始め…そして…P262「ごめん。わたし、もう、絶対に、幸せになんてなれないんだ」「だって、気づいちゃったから。わたし、もう、とっくに幸せだったんだって」。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    願いを全て叶えたクトリ。帰るべき場所に帰り、逢いたい人に逢う事が出来た彼女に結末がやってくる…な話。読み終わった後、この表紙を見たら涙が止まりませんでした。僅かに残された時間で過ごしたヴィレムとの日常のぬくもりがあるからこそ、訪れる結末の切なさが増しますね。1巻を読んだ当初は静かすぎて盛り上がりに欠けると思ってましたが、静かに淡々と進んでいくからこそ出せる味というものがこの作品には詰まっているように感じます。ここまで来たら何とか完結まで読みたい所。次巻もよろしくお願いしますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK