深紅の魔砲耳 第十六独立戦車小隊の奮戦
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

深紅の魔砲耳 第十六独立戦車小隊の奮戦

トルスツの街を奪取し、反乱軍の戦車部隊を撃破せよ!――舞阪洸が贈る、戦車と魔法と軍服美少女の異世界ファンタジー、ここに開戦!!
著者: 舞阪洸 (著者) / 日本円 (イラスト)
シリーズ:深紅の魔砲耳(ファミ通文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

強大な龍種が空を支配する世界。人は空を諦め、大地で戦うことを選んだ。そして、戦車の時代が訪れる。マリーエン率いる女性だけで構成される第十六独立戦車小隊、通称「深紅の魔砲耳」は着実に各地で戦果を上げてきた。そんな彼女たちのもとに、ある日、反乱軍の鎮圧に苦戦するマルクトバレル王国機甲師団への参加要請が届く。その高額な報酬を目当てに彼女達は戦場へと向かう決意をするのだが――!? 戦車と魔法と軍服美少女の異世界ファンタジー開戦!

みんなからのレビュー

  • アキラ@アニメと積読本を消化したい

    上の中。作者があとがきで言っているように、『剣』ではなく、『戦車と魔法の異世界ファンタジー(+軍服美少女』。うんうん、いいねいいね。ファンタジー戦記もので、男主人公と数人の美少女からなる小隊の話もいいけど、主人公もその周りの隊員も美少女な小隊の話って、やっぱり良いよね! てっきり、表紙の、金髪のエリゼーが主人公なのかと思ってたけど、その後ろにいる赤毛のマリーエンが主人公だったでござる。アレクサンドラ中佐が裏切ってるとは思いもしなかった。最後のマリーエンの奇策って、十中八九女装な気がするw 続きも読みます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カラス

    魔法が存在する世界での戦車ファンタジー架空戦記として、なかなか面白かった。ラノベ的なノリと架空戦記的シリアスさをうまく融合しており、良いバランスだと思う。主人公が戦車乗りなので、戦場の描写が多く大局がいまいち見えてこないきらいはあるが、作者の狙ったのは格好いい戦車戦らしいので、これでよいのだろう。あまり売れなかったらしく、残念ながらこれ一巻のみだがそれでもきりのいいところで終わるのでそれなりに楽しめる。ヒロインの中だとエリゼーが好き。見た目に似合わぬ度胸があり、負けず嫌いな性格というのが可愛かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タリぃ

    つまらない。構成が下手だね。戦車をメインに据えてきたのは面白い発想だけど、そこまで。お金出して読むレベルじゃない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みるく

    女装かな?>奇策 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラル

    あ、主人公は金髪美少女じゃなくて赤髪の姉ちゃんの方ね、とは思ったもののこれは面白い。個人的にはもっと過酷なやつが好きだけどまあそれはそれ。主人公たちは実績ある傭兵団でメンバーは全員女性。今回は王国から反乱軍鎮圧するから手伝ってやとお誘いを受けて~というお話。 かなり匂わせてたから展開予測は容易にできて意外性こそなかったものの、予想できても楽しく読めたのはやっぱり作者さんのお力かと。 色んな設定に矛盾は無論ないんだけど、なんかなーと少し思っていた、が、あとがきのぶっちゃけ具合で全てを許したw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/03/12
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784047302273

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル