ひとつ海のパラスアテナ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ひとつ海のパラスアテナ

それは、いつ終わるとも分からない。 ボクの、『生きるための戦い』――。
著者: 鳩見 すた (著者) / とろっち (イラスト)
シリーズ:ひとつ海のパラスアテナ(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ボクが大好きなこの海は、ときに美しく、ときに残酷だ。『白い嵐』で遭難し、孤立無援の島に取り残された少女アキ。一匹のカエル船長と共に『生きるための戦い』が始まった。

みんなのラノベまとめ

  • 電撃文庫の百合ラノベ
    mizunotoriが作成したまとめ電撃文庫の百合ラノベで紹介されています。
    5
  • ポスト・アポカリプス!
    mizunotoriが作成したまとめポスト・アポカリプス!で紹介されています。
    1

みんなからのレビュー

  • シータ

    こういう海洋冒険ファンタジーは久々でしたがよかったです。これは大賞ですわ。生きることがこの作品の何よりのテーマであるのですが、海の素晴らしさと無慈悲なまでな過酷なことを描いて主人公のアキの生き様をしっかり見させてもらいました。それにしてもかなり百合百合してたな。いいぞもっとやれ!臆病だったアキが親友のタカを助けに海賊に立ち向かった姿には感動しましたわ。あと表紙にもいるキーちゃんが退場には泣いてしまったよ……。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    全ての国境が水平線へと変わった時代「アフター」。そんな時代にメッセンジャーとして生きるアキの物語。何もない無人島で必死に生き、友との別れや新たな出会いを通して成長していくアキの姿から「たくさん生きろ」という言葉の重み、命の大切さが伝わってきました。タカちゃんとの百合百合しいイチャイチャもイイね。ただ後半の出会いがご都合主義すぎるというか、そのせいで物語前半で感じた感動が薄れてしまったのが残念。他にも色々と粗さはありますがアキが今後どのような出会いと別れを経験するのかに期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 友和

    ほとんどが海の世界で生きるガール・ミーツ・ガール小説。。キャラが生き生きしてよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Bellzerica

    海洋冒険物として、いい意味で電撃らしからぬ作風に惹かれて購入。ビフォーという独特の世界観を上手く活かした展開と、過不足無い説明。地の文が読みやすくスラスラ読破できてしまいました。 展開的には驚くような物はなかったのだけれども、「生きる」事に必死になる事の素晴らしさは作中の台詞の端々から伝わってきました。言葉遊び的な面でもパロネタを使わないのは昨今の作品の中では評価できます。「ジュッチュウ**ック!あんたのせい!」は大爆笑。 二巻は4月との事でマストバイ! ゼッタイカウヨー(肩の骨を握りながら) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 蛇の婿

    冒頭、読み始めてすぐに、ちょっとした邪念が頭に浮かびました。世界が水底に沈んだ世界、船に乗る少女、と来て、これは元ネタはもしかして『ノアの箱舟』『世界を滅ぼす洪水』なんではないのかなー、とw どっこい人間はしぶとく生きてるぜ!みたいな。…まあ、読んでみたらその辺の原因は割りとどうでもよろしいみたいで個人的にすごく安心しましたw キーちゃんのシーンが素晴らしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/02/10
  • 定価
    590円+税
  • ISBN
    9784048692472

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル