アオイハルノスベテ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アオイハルノスベテ 2

著者: 庵田定夏 (著者) 白身魚 (イラスト)
シリーズ:アオイハルノスベテ

みんなのデータ

  • 3
  • 1
  • 泣ける
  • 切ない
  • 感動した

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    誰にでもあるだろう『文化祭のノスタルジア』。あの時もう少しこうしていれば、或いはこうしなかったら。振り返ると思いだすのは、日常と非日常の端境にある夢の様な時間。見慣れた空間を塗り替える勢力図。セーラー服を脱ぎ捨てて、Tシャツ一枚で男女関わりなく馬鹿みたいに騒いで。あの時は、確かに本番だったんだ。いつか来る未来の為の時間じゃなくて、その瞬間に消費しつくされる『今』の為だけの時間。何にもならなくても、でもそこに確かに私達の時間は存在していた!やり直しがきくのかな?やり直しなんてできっこない。だって、今が全て! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    シリーズ第二弾。まひるから真実を聞き出すために、文化祭を成功させるべく浩人が奔走する話。今回はまひる回。浩人がウダウダしたり、他人と関わろうとするのを避けようとする姿は正直かなりイラっと来たけど、立ち直ってからは、主人公らしくキッチリ決めてくれたので一安心。馬鹿みたいに必死で文化祭を駆け抜ける浩人、今を本気で楽しむことにしたまひる。そんな2人の姿は青く熱くて、読んでるこっちが恥ずかしいくらい青春してて羨ましかったです。作者さんの描く青春は主人公は難ありやけど、すごく真剣なのが伝わってくるところが良いね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    浩人が二回目の世界に誘われた屋上での出来事を何故か知る木崎まひるに問い質すと二ヶ月後転校する時の文化祭で入賞する交換条件を言い渡される。その文化祭の準備に奮闘する中、当日にはシンドロームに関する裏文化祭が開催されることを知り…。文化祭,木崎まひる回。家庭の事情で学校を辞めることになり、何処か投げやりな態度を取るまひる。地味に浩人を意識や期待しちゃってる所はなかなか青春感じたけど、肝心の浩人は死ぬ運命である自分に自虐し他人との関係を絶対に作ろうとしない態度は確かに格好悪かったなw美帆の喝はズバリだったねw→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    タイトル通り青春だな~。まひるが転校してしまうということで文化祭を死ぬ気で頑張る主人公の巻。中盤の主人公の卑屈な態度がちょっとイラッとなったが美帆に怒られてから終わりまでの話の流れが良かった。主人公のツンデレぷりが偶にヒロインぽく見えてしまうな、動く時は逆にカッコイイんだけどもね。次巻は大河内が動き出すのか。主人公の姉も秘密がありそうだし今後どうなっていく事やら。続きが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 半熟タマゴ

    青春だなぁ。途中ぎすぎすしてる所もあったけど、文化祭が大成功で終わってよかった。1巻で気になってたまひるの活躍も見れたし。そして、次回は大河内さんの番。計画している事って一体何だろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/12/11
  • 定価
    600円+税
  • ISBN
    9784047300521

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
  • 泣ける
  • 切ない
  • 感動した
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル