100%の黒衣配達人
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

100%の黒衣配達人

「七星降霊学園のアクマ」の田口仙年堂、最新作が登場!!
著者: 田口仙年堂 (著者) / キヌガサ 雄一 (イラスト)
シリーズ:100%の黒衣配達人(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

依頼料は超高額だが、例えモンスターや城でも必ず届ける――成功率100%の運び屋、ジンタ・スティードのもとにある日、依頼が舞い込む。「はじめまして。私はハヅキです」しかし、その荷物は1人の少女で!?

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • た〜

    お友達にドラえもんが居るの?四次元ポケット(のようなもの)と謎のロープ技術を駆使してチートな配達人の活躍譚。荷物なヒロインの成長記は良いがケモノなサブヒロインの存在感はもう一歩。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 昼沢異世界

    ★☆☆☆☆ 久しぶりの田口仙年堂先生。直球の王道ストーリー。総評すると、「中堅作家」から「大御所」のラインに位置する作家さんが描かれた「ファンタジーもの」の「1巻目」といった印象。よくいえば「手堅くまとまっていた」ように感じたのだけれど、悪く言えば、これといった美点があったわけでもなかった。荷物として運ばれる少女と、成功率100%の運び屋の少年といった魅力的な「あらすじ」に惹かれただけに、個人的にはすこしだけ「残念」。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    私の心を届けて、と。涙を浮かべながら少女が言葉を紡いだ瞬間、体中がふるえました。いかなる手段をもってしてでも、100%の配達成功率を誇る青年と、人に使われ続けた少女の、少しだけ世界が広がる物語でした。あぁ、すごくいい感じ。よいシリーズなのです♪2巻目、お城移動のあれこれを描写してくれたらすごっくうれしいな~~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • METHIE

    現代の技術が異世界からのものとなった世界で運び屋をやるゴルゴ13やブラックジャックの系統の作品。一巻で終わっているがハードボイルドで渋い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    これまた地味な方向で攻めてきましたね。前作のキャッチーな二番煎じ企画が受けなかったのが個人的にはちょっと予想外でしたが、逆を張るようにこんな方針のものが出てくるとは。話としてはさすがに小奇麗にまとまっているので、地味さを除けばそつがない。ただ、プロローグ的な第一巻なので、今巻の内容よりも、ヒキから推測される次巻の内容のほうが遥かに面白そうで、それを出し惜しみするのは(打ち切られる可能性を考慮すると)どうなのよ、って思う。設計は地味でも、展開次第では弾けそうなネタではあるので、今後注視したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK