天翔虎の軍師 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

天翔虎の軍師 6

知略と武勇のすべてを懸けて――いま、決戦の刻!
著者: 上総朋大 (著者) / 庄名泉石 (イラスト)
シリーズ:天翔虎の軍師(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ラーカスの覇権を巡る決戦、ついにクロノワーク平原にて開戦。それぞれの思い描く平和のため、シエルとユミカは互いの策を読み合い、更なる一手を繰り出し合う。フレリカと帝国の総力を挙げた激戦の行方は――

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    完結。同盟軍VS帝国軍最終戦回。展開は駆け足気味で各陣営の戦闘があっさりと終わったのが残念。まぁ全キャラクターの見せ場を作りつつ宿敵ユミカとの決着を付け無事シエルとミオが結ばれるまでをこのページ数でやってくれたので十分でしょう。前回不穏な空気を出したエナの話も解決が見えて何より。最後まで戦記モノにしては軽い作品でしたがちゃんと楽しめた。次回作買うかはわからん。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★☆☆俺たちの戦いはこれからだ完。展開は駆け足気味だったが、少ないページ数でうまくまとめてあったのがよかったかな。最後まで、良くも悪くも軽い印象だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 晦夢

    完結。不完全燃焼感はあるが、綺麗にまとまってはいたかな。最後のユミカ可愛かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ななななべななべ

    完結。綺麗に纏まってた感じで良かった。最後に別シリーズのキャラ出てきてびっくり。戦記モノとしては最後まで良くも悪くも軽かった。次回作がラブ要素多めファンタジーということなのでそっちには合うだろうなー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    とっても面白かった。と同時に完結という結果に驚いてしまいました。話の展開的にまだまだやれそうとは思うのですが、情勢が混沌としているこの後を描くとなると、読みやすい戦記物という本作のコンセプトからはずれてしまうような展開になってしまう可能性があるのでそれを避けたのかもしれないですね。最後はやや駆け足でしたがある程度の区切りはついたし、なにより一番見たかったシエルとユミカの会話シーンが読めたので個人的には満足できる結末でした。次回作も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK