サディスティックム-ン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

サディスティックム-ン

こいつ、美少女のくせに危険すぎる! 卑猥で残虐で……しかも……。
著者: 出口きぬごし (著者) / そりむらようじ (イラスト)
シリーズ:サディスティックムーン(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

幸徳秋良は稀に見る美少女である。しかし彼女はそれ以上に、変態でイタイ人間だ。彼女に捕まった俺の高校生活は、猥褻なものへと一変してしまった――。過激で淫靡な問題作、登場!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • いーた

    帯を見て購入したはず。で、想像してたより過激じゃなかった。想像してたよりメチャクチャだった。とはいえ、自主規制は不要だと思う。とくに三人四脚で小網七海が、お漏らししちゃうシーンなんて普通に掲載でいいと思う(そうゆう性癖じゃないけど) 思ってたより面白かったです。 個人的には全てが自分の想像をいろんな意味で斜め上をいってた、意外性のある作品でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    自主規制、この作品の感想はこの言葉に尽きる笑 電撃文庫というよりもガガガよりの尖った作品。エロいというよりもエグい描写の数々にはよくここまで攻めたなぁ感心しました。どうせならもう少し攻めて欲しかったけどこれがラノベの限界なのかもしれないな。ただ肝心の物語も微妙で終盤の展開が雑で拍子抜けだったのも残念。ちょっキャラ的にも好きになれる人がいなかったので読んでいてしんどかった。エグい描写に力を入れすぎた結果その他が適当になってますね。次巻はいらないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    自主規制。何事にも無関心・無気力・無感動な主人公がヒロインの幸徳秋良に嵌められ脅されながらも徐々に感情を取り戻していく話であってるかな?帯に書いてある通り股間に注意だったし、その他諸々とアウトすぎるw秋良が鋏で断つシーンは縮み上がってしまう。最後は強引にまとめて終わりよければ見たいな感じだったがそれで終わりは無しでしょ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 昼沢異世界

    ★★☆☆☆ 出口きぬごし先生の新作。前作「恋する鬼門のプロトコル」から、かなり作風を変えられてきたなぁ…。これほどまでに品のない(褒め言葉)作品をラノベという枠の中で読むことができて、個人的には嬉しかったり。明確な性描写こそなかったものの、「おもらし」や「未遂」、「エレクタイル・ディスファンクション」まで描いてみせる出口先生や、「それ」を発刊することを許可した担当者に、戸惑いを隠しきれなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 友和

    ヒロインがアレだし、復讐方法が自主規制すぎて下品でヤバい。最後にちょっとホロッとさせるのはちょっと卑怯かなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/11/08
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048690447

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK