ルナル・サ-ガ 1 赤い瀑布(新装版)
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ルナル・サ-ガ 1 赤い瀑布(新装版)

友野詳の代表作、波瀾万丈の冒険ファンタジーが新装版で登場!
著者: 友野詳 (著者) / 西村博之 (イラスト)
シリーズ:新装版 ルナル・サーガ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

7つの月しろしめす大地――ルナル。父の仇である〈青い爪の女〉を追って旅に出た双子の兄妹アンディとエフィは、彼の地で、大いなる陰謀の渦中に巻き込まれていく! イラストはすべて、西村博之の描きおろし!

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • じお

    ★★★☆☆ 7つの月が照らす大地ルナルを舞台に父の仇を追うアンディとエフェメラ、双子の兄妹の冒険を描く、TRPG「ガープス」のリプレイを小説に掘り起こした王道ファンタジー第1巻。古い、だがそれがいい。ロードスもそうなんですが、世界観や雰囲気を最初にしっかり形作ってくれるの好みで読んでてしっくりきます。物語としてもサーガという枕詞に相応しく巨大な組織や陰謀が出てくるのも続きを読もうという気にさせてくれますねー。キャラとしてはシャレみたいな名前のタッタ君がいいですわ、クラマといい鳥キャラって流行ってたのかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひのえ

    SFCのRPGの第一章!みたいな感じだった。徐々に盛り上がっていくような気がして楽しみではあるが、ちょっとわかりにくいというか、読みにくいというか。戦闘描写にもあまり勢いがなく、イマイチ。一巻から登場人物とか用語が多くて、ん?ってなる。用語に関しては巻末に解説があるのが救い。今後のストーリーに興味があるから続きも買う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぷるっちょ

    当時、リアル中一だった時に知人に借りて読んではみたものの途中で挫折した。今回、新装版が出たとの事で再読する事に。読みながら当時を思い出すに単調な戦闘シーン、聞きなれない用語が次々に出てくる事、『結社』などの重要な伏線と思われる単語が出てくるものの解明されずに話が進む事に読書意欲を削がれていたと思う。だが、リアル中年となった今、思うことは、この双子は親の仇を取る為に旅をしている訳だが、手掛かりが『青い爪の女』だけとは幾らなんでも漠然とし過ぎ。後、働いてないけど路銀はどうしているのか?でも、続きは読むぞ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なかし

    若い頃の記憶を思い出しながら読みました。 終わりまで読んでいきたいですね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sakamoto

    15年ぶりくらいで故郷を訪れたような感覚。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK