死線世界の追放者
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死線世界の追放者

「今だ。今死ぬ。俺が殺す!」平和な世界に蘇った悪の生き様――
著者: ミズノアユム (著者) / カスカベアキラ (イラスト)
シリーズ:死線世界の追放者(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

暴虐の破戒王が討伐され、平和が訪れたエストラント。賊に追われる少女シアリーは逃げ込んだ洞窟で、巨大な氷の塊を見つける。砕けた氷の中から紅蓮の髪の男が現れて――その出会いは平和を揺るがす波乱の始まり!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    表紙買い。設定は頑張っているけどそれが物語に活かされているかというとそうでもない。設定を盛り込み過ぎたせいで読みにくいしそれだけちりばめた割には展開は浅いのでなんじゃこりゃ感が強い。正直これはただのオナニー小説ですね。キャラの掘り下げも足りていないし肝心のバトルシーンも微妙なので読んでいてしんどかった。次巻はいらない。大賞作は良かったけどファンタジア文庫の受賞作は地雷率高いなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ホシナーたかはし

    好きなイラストレーターさんだったので購入、ウルズナが「うしおととら」のとらみたいですが、最初から最後まで考え方も行動も初志貫徹してて、ラノベにしては珍しいくらい男らしい。こういうキャラ大好きです。ただ、文章が時々変だったりルビが読みづらかったり急ぎ足になっていたり死線の解説がよく解らなかったりと、やや不満を残す終わり方をしています。次出たら考えます。なお、ブランカはショタコンw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 昼沢異世界

    ★☆☆☆☆ 自身が「読みたい!」と、ラノベに求めてるエンタメ性と、本作のコンセプトが合致していなかったゆえ、「微妙」といった印象を読了後に抱いてしまった、…とは、少しばかり言い過ぎか。「新人賞」を受賞するに足る水準を満たしていたようには思えたのだけれど、読者が作品に求める「カタルシス」に繋がる満足感を得るには、イマひとつ、要因が足りていなかったかなぁ、と。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 死屍発苦

    うーん、もう少し主人公の性格を練るべきだったような。前半と後半の心情変化があるのは分かるんだが何故そう考えるようになったのかの掘り下げが薄い。王への心情はくどい位描いて展開が読め過ぎなのに、平和な世の中への考えを、放るから最後兵士を誰も殺さない理由がいまいち分からなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    堂々たる正統派ファンタジー。主人公が既に敗北した魔王軍的な組織の四天王で、十年後に復活して時代に取り残される様を……と工夫は見られるも、今一パッとしない。設定の作りこみ具合とか実力は高いのだが、エンタメとしての面白さにつながっているかといえば、NOなんだよね。ヒネリ方に個性はあるのだが、だから何、となってしまう。じゃあどうすればいいんだよ! と言われると一読者としては唸るしかないのだけれど。ラノベ、難しいね! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK