• 誰かに教えたいオススメしたい。
  • 特別な「キミの一冊」を教えて下さい。

Sazane Kei

細音 啓

MF文庫J
『星繋ぐ巫女のフォークロア ‐人狼×討伐のメソッドⅡ‐』

著者:斜守モル
イラスト:マナカッコワライ

これは、人を襲う人狼をテーマにしたサスペンス・ホラーです。2017年に読んだ本の中で一番怖いミステリでビターで残虐で、どう足掻いてもハッピーエンドなんてありえない世界です。
――ただし、最後にちょっとだけ救いがあります。最高に熱くてダサ格好いい男と可愛い幼女による、ほんのちょっとの「ラブコメ」が。ライトノベルでここまでやるのという屈指のホラーと残虐描写で凍えきった心が、一欠片のラブコメに温められる……これはちょっと未体験の感覚で、はっきり言って衝撃でした。サスペンスとラブコメをこうも組み合わせたきたのか、と。正直、良くも悪くもラノベっぽくありません。可愛い表紙なのに中身は本格的なミステリ仕立てで、アニメよりいっそ実写ドラマが似合う作品ですが……それでもこれをラノベにできたのは、やっぱり射織とアイカの二人なんでしょうね。どうやってもハッピーエンドにならない「はずだった」主人公とヒロインのサスペンス・ホラー(ラブ)を、見届けてください。
※注意 今回、オススメするのはシリーズの2巻です。1巻はさらに人を選ぶ内容なので、ご興味を持った方はまず2巻からでもいかがでしょうか。

プロフィール
細音 啓 細音 啓 (さざね けい)

ライトノベル作家。代表作はファンタジア文庫『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』、MF文庫J『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』『世界の終わりの世界録』など。

Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル