• 誰かに教えたいオススメしたい。
  • 特別な「キミの一冊」を教えて下さい。

Yoshida Hisanori

吉田尚記

角川スニーカー文庫
『未来放浪ガルディーン(1) 大熱血。』

著者:火浦 功
イラスト:出渕 裕

小説で、笑っていいんだ!
そう中学生の私に教えてくれたのが、火浦功作品。当時、笑えるロボット放浪モノ、なんて一つもなかったところに登場したガルディーンの衝撃。ほかの作品も、ハードボイルドSFもあったけど、宇宙人も科学者も、みんな大スラップスティック。言葉遊びからシュチュエーションギャグ、パロディ対象も洋画から古典落語まで、キレキレな台詞に乗せて展開されていたのだ。そんな中で何度か登場したのが、楽屋落ち。みんなが憧れる作家と編集者の世界。もともと「時をかける少女」で原田知世さんの相手役をつとめていた深町役の「高柳くん」がその後編集者になって、「未来人が原稿を取りに来た!」みたいな明るいザワザワが描かれていた。真っ正面から影響をうけまくって、私は落語研究会なんかに入ってしまったのである。その後、憧れの編集者ではなく、ニッポン放送に入社するのですが…! なんとそこで出会ったのが、再度転職し、ニッポン放送に入社していた未来人。そう、高柳くんは、いまニッポン放送の高柳部長、なのである!
私にとって火浦功作品は、小説を飛び出して、現実までコメディ化してくれてしまった存在なのだ。

  • プロフィール
  • 吉田尚記
  • 吉田尚記 (よしだ ひさのり)
  • 1975年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。「マンガ大賞」発起人および選考委員。マンガ、アニメ、アイドル、落語、デジタルガジェットなど、多彩なジャンルに精通しており、年間100本におよぶアニメやアイドル、ゲームなどのイベントの司会を務めている。この春からVtuber、Vアナウンサーに?!

Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル