ミミズクと夜の王【大増量試し読み】
異世界ファンタジー

ミミズクと夜の王【大増量試し読み】

紅玉いづき/電撃文庫

絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。 額には 「332」 の焼き印、両手両足には外されることのない鎖。 自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。 願いはたった、一つだけ。 「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」 死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。 全ての始まりは、美しい月夜だった。 ―― それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。

続きを読む…

この作品をシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • ミミズクと夜の王

    ミミズクと夜の王

    紅玉いづき/磯野宏夫

  • 毒吐姫と星の石

    毒吐姫と星の石

    紅玉いづき/磯野宏夫

  • 鳥籠巫女と聖剣の騎士

    鳥籠巫女と聖剣の騎士

    紅玉いづき

Close