プロローグ

 はいけい

 親愛なるお父様、お母様。

 親不孝な私をどうか許してください。

 私、セシリア・シルビィは、これからも平和にのほほんと生きていくため……


 思いきって、男になることにいたしました!




 こうしやくれいじようセシリア・シルビィがそのことに気がついたのは、わずか五歳の時だった。

 それは世のことわりを根本からくつがえすようなことであったし、この世界の真理にれるようなことでもあった。おいそれと口にすれば、しんぱいしようの母親とじよが真っ青な顔で医者を連れてくるということは、五歳のセシリアでも容易に想像できたので口はつぐんだが。それでも、この世界のいびつさと真っ黒な未来に、平気なふりなどできず、熱を出し一週間ほどんでしまった。

 セシリアが気付いた真実。それは……

 ここがおとゲーム『ヴルーヘル学院のひめ3』の世界で、自分は転生者なのだ、ということだった。

 そして、セシリア・シルビィは主人公リーンのこいがたき役。いわゆる悪役れいじようと呼ばれるポジションの人間だったのだ。

 そんなことに気付く前から、おかしいな、とは思っていた。

 自分にセシリアとはちがう人間のおくが混じっているような感覚があったり、初めて会う人間をなぜか知っていたり、食べたこともない『カップラーメン』なる空想上の食べ物を想像しては、そのやけにリアルな食感と味によだれを垂らすことがあったからだ。

 そんなこともあり、両親はセシリアをちょっととくしゆな人間だと思いつつも、それでも愛してくれていた。というか、一人ひとりむすめということもあり、デロデロに甘やかしていた。欲しがるものはなんでも買いあたえ、使用人や侍女にはセシリアを何よりも優先するようにと言いふくめ、彼女が望みそうなものはなんでも先回りして用意させていた。

 それこそ、セシリアが甘えんぼうの末路、りよの浅い我がままむすめに育ってしまうようなダメ親っぷりだった。

 現に、それまでのセシリアはとんだ我が儘娘だった。

 自分が世界の中心だと考えてはばからなかったし、『もったいない』という感覚がまったくわからないほど金銭感覚はゆるかった。泣いてわめけば、かなえられない願いなどないと思っていたし、自分の未来はかがやかしいものだと信じて疑わなかった。


 そんな性格ががらりと変わったのは、彼との出会いがきっかけだった。

 ギルバート・コールソン。現、ギルバート・シルビィ。

 とおえんのコールソン家から引き取られ、セシリアの義弟おとうとになった、一歳年下の少年である。

 セシリアは彼を見たしゆんかんかみなりに打たれたような強いしようげきを受け、固まってしまった。

 彼女は少年を確かに知っていたからである。

 ギルバート・シルビィは『ヴルーヘル学院の神子姫3』のこうりやく対象として登場する青年だった。

 シルビィ家のあとむすであるにもかかわらず、義理の姉であるセシリアに小間使いのようにあつかわれたためか。彼は根暗で大人しい、ひきこもりの青年として登場する。

 記憶の中にある彼とはねんれいも顔つきも表情も違ったが、れたからすの羽根のようなくろかみと黒曜石のような色のひとみは間違いなく彼のものだった。

 そして、次々とよみがえる前世の記憶──……

 しかし、そこでセシリアは、そんなまさか、そんなことあるわけがないと、思い直した。

 それもそうだろう。つうはこんなこと、なかなか信じられるはずがない。けれど、あらがいようもない前世の記憶に、彼女の我が儘はそこでピタリと鳴りをひそめたのだ。


 形を持ったかんが確信に変わったのは、ギルバートがシルビィ家にやってきた翌月のこと。父といつしよに初めての社交界へ出かけた時だった。

 そこで彼女は出会ったのだ。もう一人の攻略対象に──……

 オスカー・アベル・プロスペレ。

 プロスペレ王国、国王の長子。つまり、この国の王太子であり、二年後にセシリアのこんやく者になる予定の男である。

 あかがみの生意気そうな少年の正体を知った瞬間、セシリアはあわいてたおれてしまった。

 非現実的な現実をの当たりにしたということもあるのだが、おのれの行く末に絶望したというのが最も正しい理由だろう。


『ヴルーヘル学院の神子姫3』のセシリア・シルビィにまっとうなエンディングなどは存在しない。

 彼女に待ち受けるのは『苦しみながらの死』か『いつしゆんの死』だけである。

 十七歳の若さで死ぬかもしれないとさとった彼女は、きたる十二年後の未来に備えて、ある大きな決断を下した。


「よし。男になろう!」


 そう、セシリア・シルビィはさんな未来をかいするべく、男装することにしたのである。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。

    悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。

    秋桜ヒロロ/ダンミル

  • 悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。 2

    悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。 2

    秋桜ヒロロ/ダンミル

Close