春夏秋冬代行者 春の舞《上》

第一章 春の代行者 花葉雛菊 ⑧

 その場所が、何処だったのかはわからない。



 薺の頭の中には、もう霞がかってしまっていた。過去の風景だ。

 恐らくはどの土地でもある、花見の名所を訪れた時の記憶なのだろう。


『混んでるね、座れるかなあ』


 赤ん坊の彼女の視界には、きらきらした世界が映っていた。周りにたくさんの大人が居るが、誰が誰かもわからない。屋台がずらりと並び、人々の笑い声が満ち溢れ、鳥達が上空を飛び交っている。不安定な視界に、一番多く映るのは母親と父親だ。


『赤ん坊に見せてもわからないんじゃないかな』


『こういうのは体験だから、そういうこと言わないで。ねえ、なずなちゃん』


 その人達は薺にとって毎日自分に語りかけてくれる存在で、不安になれば体温と甘い声をくれる守護者だった。


『よし、なずなちゃん、こっちにおいで』


 薺はしばらくしてベビーカーから母親の腕の中に移された。目隠しがなくなり、たくさんの人が桜並木を歩いている様子が先程より良く見える。


『ほぅら』


 閉ざされた世界では体験出来ない、色鮮やかな景色が視界に広がった。いつもは外に出るとむずがる薺も、その日は気分が高揚していた。

 桜の花びらを掴まえようと、小さな手を伸ばす。

 手は空を切ったが、花びらを捕まえられなくても楽しかった。


『見て、喜んでる。花びらが欲しいんだよ。とらせてあげよう』


 すると母親が舞い散る桜の花びらの中、薺を高く掲げた。薺の瞳には青い空と、白い雲、薄桃色の花弁が夢のように映る。なんて美しいのだろう。


『ふふ、ねえ、笑ってるよ』


 こみ上げてくるこの感情の名前がわからずとも、薺の心には強く刻まれた。これは何と素晴らしいのだろうと、気分が高揚する。眼下に広がる世界は色鮮やかで、希望に満ち溢れていて、薺は嬉しくて嬉しくて、笑い声を上げる。取り合うように、次に父に抱かれた。

 母よりも少し乱暴な高い高いの後に、甘い香りのする母が顔を覗き込んで言った。



『なずなちゃん』



 名前を呼ぶ。



『なずなちゃん、見て、春だよ』



 もう失われた声で薺の名前を呼ぶ。これが春だと、我が子に教える。

 新しい命に色んなことを覚えさせたかったのだろう。





 その時、家族の未来は守られていて、傷つくことなどあるはずがなかったのだ。












「薺、お父さんの言うことをよく聞いて。お母さんが……帰ってきたよ。お仕事の途中で帰ってきた。けど……帰る途中の道で大変なことが起きて、それで……眠っている。ずっと、これから、ずっと、起きない。もう、な、お父さんも、顔も見られないうちに、眠ってしまってな。だから、これからは……これからは……」







 あの時、家族の未来は輝いていて、傷つくことなどあるはずなかったのに 。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 春夏秋冬代行者 春の舞 上

    春夏秋冬代行者 春の舞 上

    暁 佳奈/スオウ

  • 春夏秋冬代行者 春の舞 下

    春夏秋冬代行者 春の舞 下

    暁 佳奈/スオウ

Close