春夏秋冬代行者 春の舞《上》

序文


 はじめに、冬があった。




 世界には冬しか季節がなく、冬はその孤独に耐えかね、生命を削り違う季節を創った。


 それは春と名付けられた。春は冬を師と慕い、常にその背を追いかけるようになった。

 冬は春から向けられる敬愛に応えるように教え導き、二つの季節は仲睦まじく季節を互いに繰り返した。


 しかし、途中で大地が悲鳴を上げた。まるで休まる時が無い、と。

 動物が愛を育んでは眠り、木々は青葉に包まれたと思えば凍てつく。これならば、ただじっと耐えるばかりの冬の世界だけでよかったと。

 一度春を知ってしまったからこそ、冬の世界が来ることが耐えられないと。


 冬はその言い分に悲しんだが、大地の願いを聞き入れて、自分の生命を更に削り生命を創った。それが夏と秋だった。厳しい暑さの夏は自分を疎んだ大地への嘆き。段々と生命の死を見せていく秋は自分をまた受け入れてもらう為の時間として。

 大地がそれを受け入れたので、季節は春夏秋冬と巡るようになったのである。


 四季達はそれぞれの背を追いかけて世界を回ることで季節の巡り変わりを齎した。

 春は冬を追いかけ、それに夏と秋が続く。後ろを振り返れば春が居るが、二つの季節だけだった時とは違う。春と冬の蜜月はもう存在しなかった。

 冬は春を愛していた。動物達が夫婦となり生きていくように、春を愛していた。春もまた、運命の如く冬を愛し返した。

 その密やかな情熱に気づいていた秋と夏は、彼らの為に提案をした。大地に住まう者に、自分達の役割を任せてはどうかと。


 力を分け与え大地を一年かけて巡り歩く、その名を四季の代行者。

 始めは牛に役目を与えたが足が遅く、冬だけの一年になった。

 次に兎に役目を与えたが途中で狼に食われて死んだ。

 鳥は見事に役目を果たしたが、次の年には役目を忘れた。


 どうしたものかと頭を抱えた四季達の前に、最後に人が現れ申し出た。自分達が四季の代行者となりましょう。その変わり、どうか豊穣と安寧を大地に齎して下さい、と。

 春と夏と秋と冬は、人間の一部にその力をお与えになり、冬は永遠に春を愛す時間を得た。




 かくして世に四季の代行者が生まれたのである。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 春夏秋冬代行者 春の舞 上

    春夏秋冬代行者 春の舞 上

    暁 佳奈/スオウ

  • 春夏秋冬代行者 春の舞 下

    春夏秋冬代行者 春の舞 下

    暁 佳奈/スオウ

Close