究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら
異世界ファンタジー

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら

土日月/MF文庫J編集部

誰が呼んだか「クソリアルオンライン」。史上最低のゲーム攻略が始まる――

冴えない高校生・結城宏がひょんなことから入手したフルダイブRPG『極クエスト』。技術の粋を集めて作られたこのゲームは「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。
「フラグ数10,000,000,000,000,000以上!? 身体能力も現実そのままかよ!!」
「ええ。殴られれば痛いし、斬られれば数日は傷が治らない。史上最高にリアルなゲームよ!」
報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!

続きを読む…

この作品をシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら

    究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら

    土日月/よう太

  • 究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 2

    究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 2

    土日月/よう太

  • 究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 3

    究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 3

    土日月/よう太

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close