錆喰いビスコ

5-1「……悪い名前じゃあ、ねえ!」

「動くな」

 うなじにひやりとした殺気を感じ、ビスコは思わず動きを止めた。

ひとじちを置いて、もろを上げろ」

 背後からねらわれているらしい。熟練の敵の気配に、ビスコの表情がまる。

 パウーとの戦いでずいぶん時間をかせがれてしまい、他の自警団員が集まる気配を感じ取ったビスコは、蜘蛛くものような下町の道を走り、ジャビを置いてきた地下道へ急ぐちゆうであった。

 保険に、ひとじちとしてねむるパウーの身体をかかえてはいるが、どうやら自分をねらう気配は相当なれのもので、小手先のきが通用する相手とは思えない。

 ビスコは言われた通りひとじちを置き、ゆっくりとりよううでを上げて……

 だん! と、地面をくだいて飛び上がる。飛び上がりざまにいたとかげづめの短刀をひらめかせ、ぎゅるりと身体をひねり、殺気の主の首元めがけいた。

 ぎいん!

 必殺の一刀を防いだのは、同じくとかげづめの短刀であった。

 短刀しのふくめんがおにぎょろりと光る眼を見て、ビスコはさけびかける自分をあわてておさえる。

「……っ、あ……!」

「ウヒョホホ! がりのジジイに、ようしやないのォ」

「ジャビっっ!」思わず目を見開いて、さけぶビスコ。ふくめんいでげらげらと笑うしように、ビスコははじめ言うべき言葉を見つけられず、口をぱくぱくと動かすのみであった。

「う……動けるのか!? 傷はどうした!?」

「んやあ、この通りよ。たまァ六発、入っとったらしいぞい」

 ジャビは言いながら、服の腹のあたりをまくげて、そのきずをビスコに指し示した。

「……てめえ、くそじじいっ! 結局、ぞこなうなら、最初から元気にしてやがれッ!」

「ばかいえ、あんなん死ぬと思うわい。あのパンダぞううでがなかったら、ワシもここまでじゃったろな。でもさあ、生きてるワシもワシで、すごくない?」

「……ばかやろう……あんな、ゆいごんみたいな事、言うから。おれはっ……!」

 強面こわもてをくしゃりとくずし、こみ上げるものを必死でこらえるビスコ。

 さるのように裏路地をけるジャビを追いかけて、そこでようやく追いついてきたミロは、そのビスコの表情をたりにして、思わずびくりと立ち止まった。

 ひとあかぼしの流すなみだは、このきようぼうなキノコテロリストのむねおくに息づく、暖かく少年らしいやさしさをミロに感じさせ、そのほおをわずかにほころばせた。

「……ミロ。お前、やってくれたのか」

「いえ! できることをしただけです。あかぼしさんの、アンプルが効きました!」

「恩人に義理を返すのはキノコ守りのおきてだ。おれにできることは、何でも言え」

「そんな、ぼくはただ……」

 ミロは照れくさそうにビスコから視線を少しらして、すぐ近くにたおれている、ちようはつの女戦士にを止める。

「……ああっ! パウー!」

「知り合いか。やっぱ」ビスコはひとつうなずくと、女の身体を助け起こして、かべに寄りかかるようにしてやった。「すげえ暴れっぷりだったから、ねむどくませてあるけど、てるだけだ」

「姉です。……ねむどく、って、あかぼしさん、勝ったの!? パウーに!?」

「こいつのサビにはまだキノコが効く。さっき、ジャビに打ったのを使え」

 ビスコが言い終わる前に、ジャビがひょこひょこと歩み寄って、余ったヒソミタケのアンプルをパウーへ注射してやった。むらさきいろの薬液が、びたかたぐちから身体に吸い込まれると、パウーは少しまゆを寄せたが、ほどなくして静かな、楽な呼吸にもどってゆく。

「っす……すごい……!」

 キノコ守りの知識が作るアンプルの薬効は、ミロの才覚をもってしても調ちようざいできたことのない、らしいものであった。これまで苦しみをおさえつけるようにしてねむっていた姉の、その安らかながおを見て、ミロは自分の心に新しい決心ががるのを感じる。

「ビスコ。ぼーっとしてられんぞい。自警のイグアナへいがこっちまでせまっとる、もう五分とかからんぞ。次、囲まれたら、流石さすがけきれん」

「わかった。北門はすぐだ。行こう!」

「うん。ワシが食い止めとく。行ってきんしゃい」

「おう、……ああ!?」

 ビスコはそうとして、しようの思わぬ返答にかえった。

「何だ、食い止めるってのは!? てめえが来なきゃ、意味ねえだろ!」

「ちったあ考えろい。たま六発いたばっかりの老いぼれが、すぐ旅に出られるわきゃ、ねえだろう」

「考えるのはてめえだ、ジジイ! 調ちようざいをどうする!《さびい》を採ったって、その場に、調ちようざいできるやつがいねえと……!」

 ジャビはしろひげでながら、いたずらっぽい眼で、ついと目線をビスコの横へ投げてよこす。

 ビスコが、ゆっくりとジャビの視線を追いかける、その先に、きんちように身を固めて立ちすくむ、童顔のパンダ医師の姿があった。ビスコの視線を受けてミロは一度ごくりとかたみ、それでもいつしようけんめいに、その眼をらさないように受け止めた。

「っ、ボケたか、ジャビっ!」

あかぼしさん! ぼくも! ぼくも、連れていって下さいっ!」

 そでにすがりつくミロの思った以上の力に、ビスコはそれをはらいのけることもできず、ただきようがくに口を開いた。

「ッは、はなせッてめえ、ジジイから何か、吹き込まれたなっ」

「聞きました、《さびい》のこと! お役に立てますっ、調ちようざいもできる、貴方あなたの傷も治せます!」

「バカろうっ、お前みたいな、ちょっと目はなしたら死んでそうなやつだれが連れていくかよッ」

「いま、何でもお願いを聞いてくれるって、言ったばかりです!」

おれはランプの精じゃァねェんだよォッ」

 ビスコはそこで眼をいて、れつのごとくミロにりつけた。

「お前みたいな都市育ちのガキが生きていけるほど、かべの外はあまくねえんだッッ! そのなまちろうでの一本二本で、済む話じゃねえんだぞッ」

「それが、なんだ!」

 ミロは勇気をしぼり、その目に力をみなぎらせて、さけかえした。

「姉さんを、ただひとりの肉親を、救えるかもしれないんだ。うでなんか、くれてやる、首が飛んだって、構うもんか!」

 ミロの全力の、しのさけびが、ビスコの鉄の心にびしりとれつを走らせた。

 口をいちもんに結んで両目を見開き、ミロのむなもとをぐいと引き寄せ、そのひとみのぞむ。

 これまで、ジャビ以外のだれも、ビスコの相棒たりえたことはない。その暴れ馬のような鉄の意志力は、どんなに武勇にすぐれるキノコ守りも、くらからとしてきた。

 まして眼前でふるえるこの少年は、かぜが吹けば飛びそうにか細く、弓も引けず、かににも乗れないのだ。かべの外に出たことすらない、なまちろい都市の少年にすぎない。

 ただ、その眼だけは。

 そのんだ青色のひとみだけは、かつとうの中でふるえながら、それでも……

 ビスコのすいひとみと強く引き合って、こうせいのように、燃え立つ意志にきらめいていた!

『二班、三班、散開! 北門へ回りこめーッ』

「ビスコ! 自警じゃ! もう迷っとるひまぁ、ありゃせんぞッ」

 ビスコはそこでひとつ、大きく息を吸い込んで、三秒だけめいそうした。

 目を見開くと、激情をかくに変えた、キノコ守りの一等星のせいかんな顔がそこにある。ありったけをして、ふるえながら自分を見つめ続けるミロに、そのするどい眼光を向けて、言った。

「死にたくなきゃ、ちゃんと言うことを聞け。キノコ守りの旅の基本は、相棒同士、二人一組。片方が死んだら、そのまま道連れだ」

あかぼしさん!」

「それと! それだ、その、クソめんどくさい敬語をやめろ! 相棒は常に対等なんだ。おれはビスコ。お前はミロ! わかったかよ!?」

「わかりまっ……」

 ギロリ、とビスコにさっそくにらまれて、ミロはあわてて口をつぐむと、はじけるような笑みをかべて、言い直した。

「わかったよ、ビスコ!」

「ウヒョホホ」ジャビが屋根の上で、高らかに笑った。

「新タッグ誕生ちゅうわけじゃの。ほい、もう行けい!」

 せまる自警団、イグアナへいの道をふさぐように、ジャビの放ったキノコ矢が、ぼぐん! ぼぐん! と咲き、いみはまの夜にまたけんそうを呼び込む。遠くんで行くジャビへ、ビスコは口を開きかけて何か言葉を迷い、そして、やめた。

「おい、お前、姉貴はどうすんだ。このままかしとくのか!?」

だいじよう! 自警団のみんなが、しっかり保護してくれる。ポーチにも、たくさんキノコアンプルを入れておいたから! あっ、でも……」

こんじようの別れになるかもしれねえんだ。時間はねえが、顔ぐらいよく見とけ」

 ミロはうなずいて、いきを立てる姉にり、自分のうでにつけていたかわのブレスレットを、姉のうでにはめてやる。

「何度も、何度も……ぼくのこと、守ってくれた。ぼくの、たてになってくれた。だから、一度ぐらい。ぼくがパウーを守っても。パウーのために傷を受けても、いいでしょう……?」

 ねむる姉の額に自らの額を押し付けて、少しだけ、目を閉じる。

ぼくが、かならず。かならず、助けるから。待ってて、パウー。姉さん……」

 ミロはしばらくそのまま、愛情を確かめるように姉をいていて……ふと、思い出したようにあわててき、ビスコへ向き直った。新しい相棒は手首の時計を血走った目でながめながら、すさまじい落ち着きのなさであたりを見回している。

「お、お、終わったよビスコ! もういいよ!」

っっせえええんだこのボケ──ッッ! 始める前に終わる気かァッ!」

 ミロの言葉を聞くなり、ふんぜんうでつかみ、そびえ立つ北門へ向けてしてゆく。

「ミロ、ってのは、」ふとかえって、ビスコが聞く。「あの、ココアみてーなアレか? 牛乳で、かす……」

「うん! 強い子のミロ。母さんが、つけてくれたんだって……」

「けッ。強い子の、ミロ、か」ビスコは、走りながらむらさきいろの矢をつがえ、かべの手前の地面に向けてした。矢毒はすぐにきんめぐらせ、周囲の地面をじよじよむらさきいろに変えていく。

「……悪い名前じゃあ、ねえ!」

 ミロの身体をかかえ、ビスコが思い切り矢をけば、ぼぐん! と大きいしようげきとともに、巨大なエリンギがほこる。それに乗ってんだ二人の身体が、いみはまの夜空へおどり、そのまま高いかべえて、新しい地平へと飛び出していった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 錆喰いビスコ

    錆喰いビスコ

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

  • 錆喰いビスコ 2 血迫!超仙力ケルシンハ

    錆喰いビスコ 2 血迫!超仙力ケルシンハ

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

  • 錆喰いビスコ 8 神子煌誕!うなれ斉天大菌姫

    錆喰いビスコ 8 神子煌誕!うなれ斉天大菌姫

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

Close