錆喰いビスコ

プロローグ‐1「おいしくて、強くなる、ビスコだ。」

ひとだけ あかぼしビスコ』と、紙にバカでかい字で書いてある。

 中央の写真には、とげのような赤いかみ、額にはヒビ入りのねこゴーグル、今にも食いかかってきそうなどうもうつらがまえ。するどい右目の周りをふちるように、真っ赤な刺青いれずみほどこされている。

 一目見て危険人物とわかる、きようけんじみた顔の下には『よわい十七 身長180cmほど ばく礼金 八十万につ』の書き文字と、『ぐんけん』の印がえられている。

 検問の窓口のかべくぎめられて、砂風にはためくその紙を、一人の若いたびそうが、じっと見ている。

「気になるか?」

 手形をあらためながら、えたひげづらの役人がたびそうに声をける。

 たびそうは紙から視線を外すと、わずかに役人へ顔を向けて、あいまいうなずいた。その顔には、じゆきようの書かれた包帯がゆるく巻かれ、表情をかくしている。

「通った土地をキノコまみれにしちまうから、ひとだけの、あかぼし。県庁じゃそいつの話題で持ち切りだよ。観光名所のあかやまも、ふもとまでまるまるキノコ山にしちまったってんだからな」

ひとい、というのは、何故なぜです」

「そりゃ、食うんだよ。人を」

 役人は安酒をあおりながら、自分の言った事がほどおもしろかったらしく、げらげらと笑った。

「いや、そう呼びたくもなる大悪党ってことよ。お前らじゆんぎようぼうどもは知らんだろうが、あかぼしのキノコってのははんじゃねえんだぜ。こうやって、あかぼしが一発、弓をはじくとな」

 役人は窓口から身を乗り出して、おおぎように弓を引く真似まねをしてみせる。

「土でも鉄でもねらったとこに、大木みたいなキノコが……ぼん! つって生えちまう。そこが寺でも神社でもお構いなし、ぼうじやくじんのキノコ守りってんで、そう呼ばれるのさ。第一見てみろ、そのきようけんヅラ! 人ぐらい、取って食いそうだろ」

 笑う役人のひげづらを、笑みのひとつも見せずに見つめ、たびそうはもう一度手配書に視線を移した。

「ヒトクイダケの、あかぼし……」

「とはいえ心配いらん。天下のぐん県警をいて、他県へけられた悪党なんかいやしないからな。あかぼしの悪行もこれまでだ。アンタのじゆんぎようさわりはねぇ」

 ひげづらの役人は、かべから手配書を引きちぎるようにがして、しげしげとそれをながめた。

「ビスコ、って名前もな。はは、おめでてえこって。どんな親がつけるかねェ」

 それでひげづらはそのひといとやらには興味をなくして、手配書をそこらへ放った。

 そして手形末ぺーじのバーコードを何度か、あかよごれた読み取り機に通そうとし、それが少しも反応しないので、おおに舌打ちをして立ち上がる。

おおァ。お前直したっつったろォこのボケ、全然読まねえじゃねえかァ」

 ばくの風に任せて、砂の上をくるくると転がってゆく手配書を見送りながら、たびそうは軽くため息をつくと、退たいくつそうにあたりをうろつきだした。

 ぐんさいたまつなぐこの南関所を通る人間など、ほとんど存在しない。関所をければ、ぎようのうごめくさいたまてつばくがただこうりようと広がり、その向こうには、かつてとうきようと呼ばれた場所に、でかい穴ボコがドカンと空いているだけだ。

 とはいえ、ぐんは以前からにいがたとちと軍事的きんちよう状態にあり、北・東の関所を閉じて久しい。旅人が東にけようと思えば、この南関所からとうきようばくしんけつ沿いに死のばくけ、とち南のいみはまけんを経由するしかない。全国行脚あんぎやしゆぎようひつとする宗教団体、ばんりようてんとうあたりからすれば、必要な経路である。ぐんがこのさびれた関所を閉じないのも、これら宗教がらみの圧力が大きい。

 もっとも、関所をけてしまえば、穴から吹くかぜから身を守るかべはどこにもない。砂にひそむコゲウツボにでも食われて死ぬか、くされて死ぬか、いずれにせよ門をくぐったら後は知らん、というのがぐんけんの基本的なスタンスのようであった。

 たびそうは吹き付ける風に目を細めて、はだに巻いた包帯を少し気にした。このミイラみたいなそうは、西日本ではみになっているてんとうじゆんれいスタイルなので特にものめずらしいというわけでもないが、この七月の、ばくの陽はそうといえどもさすがにこたえるらしく、先ほどからしきりにあせにじむ右目を気にしている。

「おい、わかぞう。悪かったな、続きをやろう」

 たびそうはしばらく、砂風を受け止める殺風景な白いかべを見つめていたが、そうらしく所作をくずさず、関所の窓口へもどった。

「えーいみはま行き、目的はじゆんぎよう……関西くんだりからわざわざ、ご苦労なこったな。……で」ひげづらの役人は、写真とたびそうの顔をじっくり見比べた。「わたがにわたる……めいかこりゃ?」

そうめいです。わたりがにわたる

「本名は」

「捨ててございます」

「はっ。……荷物は何だ。そうの一人旅に、なんでそんな大荷物がる」

「死体を積んでおります」たびそうはなるほどトラックほどもある犬引きの荷車をかえり、こともなげに答えた。「しゆうれいきゆうほうしゆぎようで、毎回、死者が出ますので。なきがらは、かぜに返します」

「けェッ。気味の悪ぃ」

 ひげづらてるように言い、窓口のおくかえって、声をあらげた。

「おい、おおァ。あの布、めくって見てこい。仏さんの山だとよ」

「虫を……」呼ばれて飛び出してくる若い役人に向かって、たびそうが声をかける。

くさりよけに、むかでをませております。陽にあてますと、暴れます。手指ぐらいは、ります。危のうございます」

 さっと青ざめ、心細げに見つめるおおを見返して、ひげづらはいまいましげにつばくと、もどって来いと手で合図した。

「門、開けェ」

 巨大な門が、ぎりぎりとさびがす音を立てて、持ち上がっていく。たびそうは深々と一礼し、遠くに停めた犬車に引き返す。ひげづらはつまらなそうにそれを見送って、ふと……

 たびそうが背負う短弓が、ぎらり、と陽を照り返したのに目をめた。

「……おい、最近のてんとういんは、弓を使うのか?」

「は。せつしようは禁じられておりません」

「知ってるよ、そんな事ァ」ひげづらは食い下がった。「飛び道具はダメなんじゃなかったか? せつしようの重みを感じないとかで。じゆうとか矢は、だめって聞いたぞ」

 わずかに。

 答えにつまるたびそう。その包帯からのぞく、らんらんと光るひとみと目を合わせたとき……

 関所守り十五年のかんが、けいてきを鳴らした。

「オウ。久々によ。無信心のおれも、きようきたくなったな」後ろ手に、おおに非常のサインを出している。「ひとつ、んでくれや。きようわれて、断るぼうなんざ、いねえよな?」

 場の気配が、びり、とめる。

 風がさかき、おおつぶの砂を巻き上げても、たびそうはまばたき一つしなかった。緑色のひとみがすっと細くなり、解けた包帯からわずかに見える口元から、犬歯がぎらりとのぞいている。

「『つよい男の子に、なるように』……」

「……何だって?」

「おいしくて、強くなる、ビスコだ。」

 たびそうの声がにわかにけんを帯び、ざらついた殺意をにじませた。

「温かいいのりがもった、強い名前だ……。てめえごときに、笑われるいわれはねえ」

「てめえッ、ぼうじゃあねえなァッ」

「ビスコさん、ゴメンナサイと言いやがれェッ」

 すかさずひげづらはなち、ったけんじゆうたまたびそうの耳をかすめ、包帯の結び目をはじばした。

 ばらり、と。

 赤いかみが、かわいた風におどった。

 そうの仮面をかなぐり捨てたその眼はするどく。らんらんと緑色に光る両のひとみが、岩を通すような意志をみなぎらせている。燃えるような赤いかみは、男のれつさを示すように逆立ち、ばくの風にあおられてばさばさとれている。

 じゆうひるむ様も見せず、不敵にうでで顔をぬぐえば、あせでぬめるはだしようげ、右目を囲む赤い刺青いれずみが、ぎらりとあらわになった。

「ひ、ひとい……」ひげづらおお、二人の役人が口をあんぐりと開けて、あかがみの男におののく。

ひとい、あかぼし!!」

だれが、ひといだァッ」

 ビスコが背中の短弓をずらりとはなつと、エメラルド色のそれが陽光を照り返して、まぶしくかがやいた。ふところづつからいたドス赤い矢をばやしぼり、窓口に向けてはなつ。

「おわぁっ!」と悲鳴を上げてかがみこむひげづらの頭をかすめ、矢は水着グラビアのカレンダーをつらぬいて関所のかべに突き立ち、かべ一面に、びしり! と、すさまじいれつを走らせた。

「な、なんつー弓だ!?」

「イノシゲさんっ! あ、あれ、あれっ!」

 おおが指差す方向を見れば、かべに走ったれつを中心として、関所小屋のあちこちから、ふつふつと真っ赤な──何か丸いものがき、ふくれてくる。

 そのゆるゆると回る赤いものはほどなく、ぼん! と音をたてて勢いよくがり、関所小屋のかべをへし割ってしまう。赤いかさをふわりと広げ、くきをなおも豊かにがらせる姿は、素人しろうとにも容易に、それが何であるか知らしめた。

「こ、これって……うわあっ! き、キノコだあっ!」

「バカろう! げろおおァ」

 ひげづらは、私物の望遠カメラを必死に回収するおおつかんで、あわてて小屋から飛び出す。その戸をまたがぬうち、すさまじい勢いでふくがった真っ赤なキノコの群れが、ばがん! ばがん! とごうおんを立てて発芽し、関所小屋を粉々にくだいた。


このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 錆喰いビスコ

    錆喰いビスコ

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

  • 錆喰いビスコ 2 血迫!超仙力ケルシンハ

    錆喰いビスコ 2 血迫!超仙力ケルシンハ

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

  • 錆喰いビスコ 8 神子煌誕!うなれ斉天大菌姫

    錆喰いビスコ 8 神子煌誕!うなれ斉天大菌姫

    瘤久保 慎司/赤岸K/mocha

Close