探偵はもう、死んでいる。【大増量試し読み】
ラブコメ

探偵はもう、死んでいる。【大増量試し読み】

二語十/MF文庫J編集部

第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作

「君、私の助手になってよ」
四年前、地上一万メートルの空の上で聞いた台詞から、俺と彼女の物語は始まり――終わった。

俺・君塚君彦は完全無欠に巻き込まれ体質で、謎の黒服に謎のアタッシュケースを持たされたあげく、ハイジャックされた飛行機の中で、天使のように美しい探偵・シエスタの助手となった。
それから――
「いい? 助手が蜂の巣にされている間に、私が敵の首を取る」
「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」
俺たちは、世界中を旅しながら秘密組織と戦う、目も眩むような冒険劇を繰り広げ――

やがて死に別れた。

一人生き残った俺は高校生になり、再び日常というぬるま湯に浸っている。
なに、それでいいのかって? 
いいさ、誰に迷惑をかけているわけでもない。
だってそうだろ?
探偵はもう、死んでいる。

続きを読む…

この作品をシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 探偵はもう、死んでいる。

    探偵はもう、死んでいる。

    二語十/うみぼうず

  • 探偵はもう、死んでいる。 2

    探偵はもう、死んでいる。 2

    二語十/うみぼうず

  • 探偵はもう、死んでいる。 5

    探偵はもう、死んでいる。 5

    二語十/うみぼうず

Close