ようこそ実力至上主義の教室へ 2

○佐倉愛里の独白


 人と触れ合うのが苦手だ。

 人の目を見て話すのが苦手だ。

 人が集まっているところで過ごすのが苦手だ。

 いつからそれらを苦手と思うようになったのか、それはもう覚えていない。


 ただひとつ確かなことは、人は一人では生きていけないということ。

 どれだけどくを愛そうとしても、私は私だけで生きていくことなど到底出来はしない。

 だから私は、一つの方法に辿たどいた。

 それは偽りの仮面をかぶって、本当の自分を隠して生きること。

 その時だけ私は、私じゃなくなって、私になることが出来る。

 この真っ暗な寂しい世界の中で、生きていくことが出来る。

 世界はれいなことばかりじゃない。そんな当たり前のこと、誰もが分かっていながら、それでも心のどこかで綺麗な世界を望んでいる。ちょっとした矛盾。


 誰か……誰でもいいから教えて欲しいことがあるの。

 皆も私と同じように、誰かの前では偽りの仮面をかぶっているの?

 それとも皆は分け隔てなく、本当の自分を見せているの?

 人とのつながりを持たない私には、その答えを知る方法がない。

 だから今日も一人きり。


 私は一人で大丈夫。


 私はどくで大丈夫。


 私は───


 私は───心の底から、心を通わせることが出来る人が欲しい。


 そして今日も私は、一人静かに目を伏せ続ける。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2

    ようこそ実力至上主義の教室へ 2

    衣笠彰梧/トモセシュンサク

  • ようこそ実力至上主義の教室へ 3

    ようこそ実力至上主義の教室へ 3

    衣笠彰梧/トモセシュンサク

  • ようこそ実力至上主義の教室へ 4

    ようこそ実力至上主義の教室へ 4

    衣笠彰梧/トモセシュンサク

Close