エピローグ~ふたたび悪役令嬢~

 授業再開となったのは、魔獣出現の三日後だった。しらみつぶしにそうさくしても、魔獣の姿はおろかこんせきも発見できず、授業のカリキュラムもあることから皇都警護隊がじゆんかいすることを条件に安全宣言が出されたのだ。

 学園内に武装した警護隊が行きう光景はきんちようかんがあるが、生徒たちの姿がもどった学園は活気を取り戻していた。

 エカテリーナはフローラとさそい合わせて、二人で登校する。教室に入っても二人ともクラスメイトに遠巻きにされているが、慣れたものだ。

 そんな二人に、いやねらいは一人なのだろうが、聞こえよがしな声が聞こえてきた。

いやだわ、げんきようが大きな顔で登校してくるなんて」

「そうよ、そうよ」

 ……このしょーもないいやも数日ぶりだとなつかしくさえ思えるよ……。

 そして、待ってたよ。

「今、みような言葉が聞こえたようですわね」

 悪役令嬢にばっちりお似合いの、くちびるはしを小さく上げるさげすみのみをかべて、エカテリーナはソイヤトリオに向き直る。

「元凶とは、何のことですの?」

「あ、あら」

 いつもなら彼女たちの発言をオールスルーするエカテリーナに反応されて、ソイヤトリオはぎくりとしたようだ。

「せ、先日の魔獣ですわ。あんなものがこの魔法学園に現れるなんて、おかしいですもの。誰かが何かたくらんだに違いありませんわ」

「そうよ、そうよ」

 心配そうに袖を引こうとするフローラの手をそっとにぎって安心させると、きっ、とエカテリーナはまゆり上げた。

「おかしいと思えばこそ、皇都警護隊が全力で調査しておられましてよ。元凶などとおっしゃるからには、こんきよがあってのご発言なのですわね? 警護隊も見つけられないなんらかのしようをお持ちなら、なぜすぐご提出なさらないのかしら」

「しょ、証拠なんて……ただ、みんな言ってますわ。身分違いの平民が何か企んだのだろうって」

「そうよ、そうよ」

 エカテリーナはおもむろに、口元に片手を当てた。小指をちょっと立てるのがポイント。

「おーほほほ!」

 高らかに笑う。一回やってみたかった悪役令嬢笑い!

 そして背景に暗雲背負っていなずまを走らせつつ、エカテリーナはぎろりとソイヤトリオを見下した。

「みんな、とは? 具体的にお名前をお聞かせいただきたいですわね」

「み、みんなはみんなですわ」

 うん、君たち三人でみんなだね。知ってる。

「悪意あるもうげんにすぎませんわね。これ以上は、ユールノヴァ家として看過出来かねましてよ。この機会に申し上げますわ。我が兄、ユールノヴァ公爵アレクセイがせいげんをいたしました。わたくしの生命の恩人であるこちらのフローラ・チェルニー様は、ユールノヴァの名に連なる者ことごとくの友であり、フローラ様の敵はユールノヴァの敵であると」

 誓言と聞いて、ソイヤトリオがぎょっと顔色を変えた。

「そして、フローラ様のりよく属性が判明したことをお伝えいたしますわ。フローラ様は、世にもまれなる『聖』の属性をお持ちです。かのアストラていこくでは聖女としようせられ、尊ばれる存在であったことは、ご存知ですわね」

 クラスの全員に聞こえるように、エカテリーナは言い放つ。

 これがやりたかったからソイヤトリオを構ったのさ。

「それから、『何か企んだ』とやらの妄言ですけど……お話になりませんわね。何をどうすればあのような事象を起こすことができますの。あらかじめどこかであのじゆうらえておき、共犯者に運ばせたのですの? 誰も知らないアストラ帝国の秘法を知っていて、あの場で呼び出したのでしょうか? まあすごい! 大変な組織か教養の持ち主ですわね! おほほほほ!」

 ここでとつぜん、エカテリーナはすとんと声のトーンを落とした。

 背景は暗黒にらくらいじゃ。

「そのようなことがあり得るとでも……?」

 地の底をうような声に、ソイヤトリオはビビりあがる。

 大声を出すと周囲に止められるけど、低ーい声を出してもあんま止められることはないのでね。腹が立ったらむしろ声のトーンは落としましょう。ハイこれ人生のテストに出ますよー。

「ほんの少し考えれば、わかることですわ」

 ころりと表情を変えて、エカテリーナは微笑んだ。明るいこわで高らかに、

「これしきのこともわからないようなおろか者は、さっさと魔獣に食べられて、はいせつされてしまえばよろしいのですわ!」

 ほほほほほ、と三度目にかました悪役令嬢笑いは、クラスに落ちたものすごいちんもくの中にひびわたった。

 ……うん、言いながら自分で思ったよ。

『排泄』はないよね『排泄』は。

 おじようさまなのにね。『排泄』ってNGワードだよね。

 でもなんとなく口から出ちゃったんだよ。

 さっさと水に流してげよう。『排泄』だけに。

「……そう思いましてよ」

 フッと笑って、はいこの話はこれでおしまい!

 ……ってことにしたかったのだが。

 すっ、とを引いて立ち上がる気配があった。

 だれだよ、と思ったら、クラスの中心人物であるキラキラしたスクールカースト上位って感じのはくしやく令嬢だ。

 立ち上がって、こちらへ歩いてくる。

 ふっと笑って、エカテリーナも立ち上がった。意図はわからないけど、むかったる。

 まともに顔を合わせるのも初めての伯爵令嬢は、あらためて見てもキラキラして見えた。なにしろしきさいが明るい。燃えるような赤毛に金色のひとみ、ストレートセミロングの赤毛にはメッシュのように金が混じっているというかがやかしさ。

 少し日に焼けたはだ、鼻のあたりにちょっぴりそばかすが散っている。ボーイッシュで整った顔立ち、瞳の光が強くて野性味がある。何より、身体からだつきが制服の上からでも解るほど引きまっていて、スポーツ選手のようだ。

 これは、スクールカースト上位ってより、女子にモテる女子かも?

 高校時代にクラスにいたけど、運動部の大会とかでかつやくして、ボーイッシュでカッコいいから女子にきゃーきゃー言われる、アニキ系女子ではなかろうか。

 伯爵令嬢はエカテリーナの前に立つと、目と目を合わせて、よく通る声で言った。

「同じクラスですのに、お話しするのは初めてですわね。あらためまして、わたくし、マリーナ・クルイモフと申します」

「わざわざのごあいさつおそれ入りますわ。わたくしは、エカテリーナ・ユールノヴァです」

 ゆう微笑ほほえみでたいこうする。あかつきせいれいのように明るいマリーナの色彩に対し、あいいろかみむらさきがかった青い瞳、き通るように白い肌を持つエカテリーナは、まるでよいやみの精霊のようだ。向かい合う二人の少女は、見事に対照的だった。

 マリーナの金色の瞳が細められた。すらりと引き締まった身体つきと相まって、ねこ科の生き物めいている。

「ユールノヴァ様、わたくし……」

 さあこい、何の用だ!

「おびを申し上げに参りましたの」

 ……へ?

 マリーナはにこっと笑う。

「先日のじゆうしゆうらいでは、わたくしたちみなユールノヴァ様とチェルニー様にお助けいただきました。それなのに、お礼も申し上げずにおりましたこと、お詫び申し上げます。どうかお許しくださいませ」

 エカテリーナとフローラは、思わず顔を見合わせた。

「実は、以前からお二方とお話ししてみたかったのですわ。でも、がらにもなくおくれしておりましたの。……だって」

 ぽっ、とマリーナが赤くなる。

「ユールノヴァ様が初めてクラスにおでになった時……。兄君にお手を取られてごいつしよされたお姿が、あまりにお美しくて! 同じ学生とは思えないほど大人びていらして、別の世界の方のようで。わたくしなどが話しかけてはいけないのではないかと思いましたの!」

 ああ……。

 すまん。悪役兄妹きようだいはくりよくあったみたいですまん。

 あ、お兄様もセットだと背景は何になるんだろう……世界的大ヒットアニメ映画の氷の城とか?

 はっ、ダークサイドにちたお兄様が氷の城のこうの城主とかって設定、ちようえる!

 って今そんな場合じゃないだろアホか自分!

 しかしマリーナじよう、やけにうっとりしてるけど、もしやこの子はお兄様のファンかしら。

「でも、実はユールノヴァ様は、気さくな方ではないかと思うようになったのですわ。チェルニー様とお話しされるご様子や、それから、さきほどの」

 笑いをこらえるように、マリーナはあわてて言葉を切る。

 先程のって……『排泄』?

『排泄』と発言したら伯爵令嬢がれた件。

 いやおかしいだろ。言った私が言うのもなんだけど、あれで親しみを感じるって、君は小学生男子かね。

「チェルニー様も、今までごめんなさい。しよみんのお生まれと聞いたのに、わたくしよりもずっと品があっておれいなんですもの。本当はちがうのではないかとか、何か裏があるのではないかとか、かんってしまったの」

 さばさばした口調で言われ、フローラは目を見張ってくすりと笑った。

 もう一度フローラと顔を見合わせて、エカテリーナは微笑む。

「クルイモフ様、ご用の向きは解りましたわ。謝罪などしていただくにはおよびませんけれど、お気になさるなら謝罪を受け入れましょう。そつちよくなお言葉、うれしゅうございました。よろしければこれからは、親しくお話ししとうございますわ」

「嬉しい! ぜひお願いします、わたくしのことはマリーナとお呼びくださいな」

「ではわたくしのこともエカテリーナと」

「チェルニー様も、フローラ様とお呼びしても?」

「もちろんです」

 三人の少女がみをわし、ほのぼのとした空気になった、その時。

「あの……」

 おずおずとした声がかかった。

「あの、わ、わたしも、お詫びしたいです。あの時……ごめんなさい」

 マリーナの少し後ろに必死な様子で立っているのは、つややかなくりいろの髪をリボンで束ねた、若草色の瞳のがらな少女だ。クラスでもあまり目立たないほうの、たぶんだんしやくれいじよう

 しかし、ごめんなさいってなんぞ?

 と首をかしげかけて、エカテリーナははたと思い出した。

「もしや、実習場で」

 魔獣から逃げるちゆう、転んだ子?

「は、はい、そうです。オリガ・フルールスと申します。わたし、あの時、こ、転んでしまって。もうと思ったらつちかべが。助けていただきました。ユールノヴァ様があそこにとどまったのは、そのせいでは……わたしのせいで逃げられなかったのではないかと、ずっと気になって……」

 いやいや、そんなことないから。気にむことないから!

 しかし、『じゆうが現れることは知っててる気マンマンだったからだいじよう!』なんて言えない。

 だからとりあえずこう言っとこう。

「おはありませんでしたこと?」

 栗色の髪の少女は目を見張り、こくこくとうなずいた。

「そう。あなたがご無事で、ようございましたわ」

 うん。本当に。

 みんな無事で良かったよね。

「わたくしは、ただぼうだったのですわ。それだけ。逃げることはできましたし、逃げるべきでしたわ。それなのにわたくしは、自分でそうしないことを選びましたの。後で兄に𠮟しかられましたのよ」

 にっこり笑うと、オリガは目にうっすらなみだかべて、ちいさな笑みを返した。

「あの、わたくしたちも!」

 オリガの後ろからさらに一団の生徒たちが声を上げ、エカテリーナはぎょっとする。

 このクラスの最大勢力であるマリーナの取り巻き(というかファン的女子?)を中心に、男子生徒までふくんだ生徒たちが、やけに熱意のこもった顔つきでじりじりとせまってきている。

「わたくしもお詫びしたくて」

「お話ししたいと思っておりました」

げてごめん、あれに立ち向かうなんてすごいよ」

 えーと、これは……なんぞ。

 そこへ教師がやってきて、全員あわてて席へもどったのだが。

 エカテリーナは考え込まずにいられなかった。

 お兄様のせいげんやフローラちゃんの聖属性のことを公言すれば、あからさまな意地悪はなくなるだろうと思っていたけど。さっきのは予想をえていた。

 なんだろう、ユールノヴァこうしやく家のこうも一因?

 ゲームでは、イベントの後もまだしばらくはヒロインへの意地悪は続いていたはず。ここもゲームからかいしつつあるのだろうか。

 このまま、フローラちゃんへの意地悪はなくなるのか。それとも、すぐゲームの法則が働いて、元に戻ってしまうのか……。

 もちろん意地悪がなくなってくれれば嬉しいけど、ゲームと乖離することで何かひずみが出て想定外の問題が起きるとか、そんな可能性もないとはいえない。

 とにかく油断はしないでいよう。


 でも、なんだろうな、この世界。

 ゲームの世界に生まれ変わったと思ったけど。りよくとか魔獣とか、前世ではあり得なかったものがつうにあるんだけど。

 ゲームのシナリオ通りのイベントが、不思議なくらい必ず起きるんだけど。


 でも、それだけじゃない。

 前世と同じく人は生きてて、人と人との関係は接して話して、変わり得るもので。

 フツー……って言うには貴族だったりするけどさ。

 めつフラグはこわいんだけど。


 でもなんか、生まれ変わって、新しい人生。

 ゲームの世界らしいのに、生きてる実感を、すごく感じてる。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします

    悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします

    浜千鳥/八美☆わん

  • 悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 2

    悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 2

    浜千鳥/八美☆わん

  • 悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 3

    悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 3

    浜千鳥/八美☆わん

Close