86―エイティシックス―

第二章 白骨戦線異状なし その2

「ジャーン! これがホントの『グラン・ミュールの外にせいそくするぶたろう』です!」

あくしゆだよハルト」

 隊舎のちゆうぼうしゆのスケッチの片手間に、おおなべいつぱいにくつくつつベリーのジャムの火の番を買って出ていたセオは、同じ隊員の少年のボケにあきれたこわでつっこむ。翠緑種ジェイドの金のかみすいひとみ。今年十六にしてはがらきやしやたい

 でっかいいのししを裏庭に通じる通用口の前に横たえて、おどけて両手を広げたのハルトは頭をく。今日は当番もなかったので、近場の森までりに行っていたのだが。

「うーん、受けが今一だなあ。笑うとこだろここ」

「どっちかっていうとこごえるとこだよ。……でもまあ、」

 スケッチブックを置いて、セオはしげしげとものを見やる。〈ジャガーノート〉でけんいんしてきたのだろうが、それにしても一人ではさぞ苦労したろう、化物じみて巨大ないのししだ。

「すごいね。大物だ」

 ハルトは得たりとばかりににかりと笑う。

「だろ!? 今夜はバーベキューだからな! ライデンどこ行ったかな、あとアンジュ。夕食の当番交代してもらわないと」

「ああ、今日よりにもよってシンだもんね。ライデンは物資調達に『街』に行ってる。アンジュは今日せんたく当番。他の女子も全員行ったけど」

 ふっとハルトはセオを見た。

「それ、いつの話?」

「たしか……朝食後すぐだったかな」

「今、昼前だけど」

「そうだね」

「「……」」

 いくら基地の全員分のせんたくものとはいえ、六人がかりで午前中いっぱいかかるほどではない。

 そしてせんたくかわべりで、今日は快晴で春で暑い。

 そわ、とハルトはこつうきあしつ。

「……つまり水浴び。ただいま川原はこの世の天国!?」

「そのまま本物の天国に直行する前に言っとくけど、全員じゆう持ってったからね」

 ぴたっとハルトがこうちよくする。セオは思い切りため息をついて、じやくなべにつっこんでかき混ぜた。もういいかなと、まり具合を見て火を止める。

 ふたを閉めたところで、知覚同調パラレイドが起動した。

 入隊時に首の後ろにインプラントされた擬似神経結晶素子レイドデバイスと、同調対象設定等の可変情報登録用のイヤーカフ状のデータタグ。その二つが起動を示してまぼろしの熱を帯び、イヤーカフを指先ではじいて受信状態にえる。

「アクティベート。……って、」

 同調対象の相手に、セオはふっとすいそうぼうを冷えさせた。同じくイヤーカフを片手でさえて笑みを消したハルトと、視線を交わして同調相手に問う。

「シン。……どうしたの」



 大きさの割に結構な水量の川のほとりにせんたくはあって、その川原と水の流れの中で、六名いるスピアヘッド戦隊の女子隊員達は水遊びの真っ最中だ。

「カイエー、何してるの。ってないでこっち来なよ」

 何やらはしの方でもじもじしている仲間に、クレナは追いかけっこの足を止めて声をかける。ショートボブにしたおちぐりいろ瑪瑙種アガットかみと、ねこみたいな金色の金晶種トパーズひとみ

 野戦服の上ははだけてそでこしに巻いて結んで、オリーブドラブのタンクトップとその下の豊かな曲線を陽光にさらしているが仲間達も同じかつこうだし別にずかしくない。

「いや、その、だってよく考えたらこれはこれでずかしいかつこうのような……」

 くろかみ黒目、がらたいぞうはだ極東黒種オリエンタのカイエは、か男口調だがもちろん女子だ。れてぺったり張りつくタンクトップが気になるのか目元を赤らめ、かぶとかざりのような長いポニーテールが首筋からうすい胸の谷間にからんで、まあ、確かに結構、なまめかしい。

「というか、いいのかな……私たちだけ水遊びなんかしていて……わぷっ!」

 青みがかったぎんぱつを長く背に流したアンジュが、両手で水をすくってばしゃっとひっかける。野戦服の上をいではいないがジッパーをへその下まで下げて、おしとやかな彼女なりに解放的な格好だ。かみいろのとおり月白種アデュラリアの血のい彼女だが、ひとみそうの祖母ゆずりの天青種セレスタあさい青で、きよくたんな純血主義の共和国ではたったそれだけの混血でもエイティシックスのあつかいになる。

「真面目ねえ、カイエちゃんは。いいのよ、せんたくはちゃんとやったんだから」

 他の女子隊員達も口々に言う。

「ていうか、シンもわかってて許可くれたんでしょ別に」

「あっうん。今日は暑くなりそうだからなって、めずらしくちょっと笑ってたわよ」

「そういうとこは悪いやつじゃないのよねーあの鉄面隊長も」

 そうして、不意にクレナを見やってにやーっと笑った。

「ごめんねぇ気が回らなくて。あんたもシンも当番ないんだから、口実作って二人にしてあげればよかったわよね」

 不意打ちにクレナは真っ赤になった。

「ちっ、ちがうもん! あたし別に、そんなんじゃないもん!」

「どこがいいのあんな何考えてるかわかんないやつ

「だからちがうってば!」

「ちなみにカイエちゃんはどう?」

「シンか? ふむ。悪くないと思うぞ。もくなところとか、ストイックでいいな」

「ちちちちちちょっとカイエ!?」

 たんあわてるクレナに、カイエは笑いをころす。何ともまあ、わかりやすい。

「そうかそうか。別にだれおもいを寄せてないのなら、私がねらっても構わないわけだな。ならさつそく今晩にでも、東方伝統の『夜這いヨバーイ』に……」

「かっ、カイエ!? あのその、別にあたしシンのこと何とも思ってないけど、その、そういうのってよくないと思う! ほら、ヤマトナデシコのタシナミとかって、だからその、」

 わたわたするクレナを見やって、女子どもはにやーっと笑った。

「「「「「クレナ、かーわいい」」」」」

 けられたことにいつぱくおいて気づいてクレナはさけぶ。

「もー!」

「おーいたいた」

 がさりとやぶが鳴って隊員のダイヤが顔を出した。ひょろりと高い背。青玉種サフィールの明るいきんぱつへきがん

 ちなみに男だ。

「「「「「キャ───────────────────────────────」」」」」

「ぎゃ────────────!」

 およそ女性という種族の全てが生まれながらに持つ超音波兵器の集中ほうと手近のとうてき可能な物体のばくげきを浴びて、ダイヤはあわててやぶの向こうに退たいした。

「っておい! だれけんじゆう投げたやつ! しよだん入ってんぞ危ねえだろ、」

「「「「「ギャ───────────────────────────────」」」」」

「キャ────────────っ!」

 二度目のじゆうたんばくげきをまともにらい、ダイヤは完全にちんもくした。

 あたふたと服を着込む他の女子達をしりに、アンジュが近寄ってのぞむ。

「それで、どうしたのダイヤ君」

「そこはかわいーく、だいじよう? って聞いてくれていいとこだぜアンジュ」

「マアダイジョウブカシラダイヤクン」

「あっ悪ぃごめんなさい無表情棒読みはやめてくださいなみだが出ちゃう……」

 野戦服をえりのベルクロまできっちりめて着込んだカイエが、周りを見回して他の少女達のじようきようかくにんしてから言う。

「ふう。もう出てきてもいいぞダイヤ。……どうしたんだ?」

「あーうん。実はワタクシ、本日から伝令のアルバイトを始めまして」

 だれかから伝言を預かったらしい。いまさら野戦服の上から豊かなたいきしめてかくしながら、クレナはくちびるとがらせる。

「そんなの知覚同調パラレイド使えばいいじゃない。なんでわざわざ、」

 ダイヤはばりばり頭をいた。

「つって、女子ばっかでキャッキャウフフなとこに同調レイドつないて、うっかり恋バナ中とかだったらおたがい気まずいだろーよ。『クレナ、シンが好きなのー』とか言ったりしてたらさ」

「なっ……!」

 およそ自分では絶対出さないかわいこぶったこわものをされてクレナは耳まで赤くなり、その周りでカイエ以下他の女子隊員どもは好き勝手に言い合う。

「ふむ。結果としてのぞいたのはいただけないが、それについてはまあ正しい判断だな」

「私達には面白いけど、流石さすがにクレナちゃんは気まずいわよね」

「ていうかまさにソレ言ってたとこだったし」

「それよ。今度シンがつないできそうなとこでそれ言わせるのよ。どんな反応するか見物だわ」

「クレナがね。シンはよ、あの鉄面死神ったらきっと顔色も変えないわよ可愛かわいくない」

「あああああたしそんなこと言ってないもん! ちょっとやめてよ!」

「「「「「「クレナったら、かーわいい」」」」」」

「うわぁぁぁぁんみんなのバカぁああああああああ!」

 その場の全員(ダイヤふくむ)に声をそろえられ、クレナは頭をかかえてぜつきようした。

 くっくっとかたらして笑いながらカイエが問う。

「それで、結局なんだったんだ? 伝言とは」

 問われて、ダイヤはふと、表情を消した。

「ああ。……そのシンからなんだけど」

 その言葉に、少女達の表情がいつせいきんぱくした。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 86-エイティシックス-

    86-エイティシックス-

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.2

    86-エイティシックス- Ep.2

    安里 アサト/しらび/I-IV

  • 86-エイティシックス- Ep.9

    86-エイティシックス- Ep.9

    安里 アサト/しらび/I-IV

Close